今月の一冊 歌集 滑走路

今月の一冊
歌集 滑走路

萩原慎一郎/著
KADOKAWA/刊

「きみのため用意されたる滑走路きみは翼をてにすればいい」。32歳という若さで命を絶った歌人の遺作となった唯一の歌集が文庫化されました。短歌は取っ付き難い印象があるかもしれませんが、荻原さんの歌った作品からは若い世代が抱える不安や葛藤、それでもなお希望を求める姿がありありとした情景と共に浮かんできます。実は、私も普段は短歌に触れることはないのですが、あるラジオ番組にてリスナーから短歌を募集し、紹介するコーナーで著者が紹介された際、本書を手に取りました。読み進めると心に突き刺さる歌ばかりで、熱くなるものがあり、心が動かされました。映画化もされた本書は、歌集など手に取らないという方にこそ、読んでいただきたい一冊です。

Books Kinokuniya

マレーシア紀伊國屋書店ではKINOKUNIYA Privilege Card 会員様を募集しております。
年会費RM38でご加入いただくと、一部商品を除く店内書籍がいつでも10%OFFでご購入いただけます。
CMCO期間中、紀伊国屋書店スリアKLCC店は営業時間を午前8時~午後10時に変更し営業いたします。お問い合わせ、ご注文は下記メールアドレスへお気軽にご連絡ください。Itaru_utusunomiya@kinokuniya.co.jp

WEB:malaysia.kinokuniya.com

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る