第19回 中古車選びの強い味方が登場!の巻

当社は日本の正規自動車ディーラーを親会社にもつ、マレーシア初の日系自動車整備会社です。海外での自動車の運転は、皆様の生活を快適にする一方で、自動車にまつわる色々な心配事があると思います。私達は自動車整備事業を通じて皆様の快適なカーライフをサポートいたします。今回は、マレーシアの中古車選びの難しさについて、その背景であるマレーシアの車産業の特徴も一緒にみていきましょう。

 

日本と比べて電車やバスなどのインフラが未熟なマレーシアでは、車は非常に重要な交通手段となっています。クアラルンプールの市街地を歩けば、車だらけ。しかし、そんな車の需要が高いマレーシアですが、国産自動車メーカーは2社しかなく、年間の新車販売のうち、実に半数以上が輸入車となっています。しかも、マレーシアでは車の輸入に驚くほど高い関税がかかるので、国産車以外の輸入(日本車も輸入車扱いとなります)は非常に値段が高いのです。
中古車も日本に比べて値段が高く、しかも非常に売り手寄りな構造になっており、ローカルのマレーシア人でさえ中古車の購入にはひと苦労しているようです。なぜそうなるかというと、マレーシアではいわゆる「相場」というものが確立されておらず、価格設定はどんぶり勘定なお店がほとんどで、車種によって安い高いと判断するのは至難の技です。さらには、マレーシアの中古車販売においては、MITI(マレーシア国際通商産業省)からの指導はあるものの、販売時においては、いまだ走行距離や修復歴、ひいては価格までもが明示義務がありません。
このような売り手優位な市場において、マレーシアにおける中古車選びの一つの大きな指標となり得るサービスが存在しています。タイガー商事のビジネスパートナーで、「カーと言えばGoo」でお馴染みのプロトコーポレーションを親会社にもつPROTO Malaysia Sdn Bhdが提供している「Goo KANTEI」という車両検査サービスです。これは日本で訓練を受けた日本人が、第三者の立場から中古車を中立的に評価し、買い手に対して車の情報開示をするサービスです。「内装」「外装」「機関系統」「修復歴」の4つの項目で鑑定し、「買い手に対して」車両状態を見える化することで、安心の中古車選びを提供しています。ディーラーで欲しい車が見つかったが、車両状態が気になる! という場合は、ぜひGoo KANTEIを試してみてはいかがでしょうか。「積極的な情報開示」が、あなたが納得できる中古車選びの一つの大きな要素となることは間違いありません。

TIGER SHOJI SDN BHD tiger-shojiNo.20, Jalan Juruhebah U1-50, Section U1, Temasya Industrial Park, 40150 Shah Alam
03-55670130
日曜日定休
FB:TigerShojiSdnBhd

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る