第32回 アライメントとバランシング

皆さんすでにご存知の通り、マレーシアには大きな穴が道路上にあったり、舗装がイマイチな路面がたくさんありますよね。特に気になるのが“バンプ“でしょうか。あちらこちらに無数に存在しています。気付かずに突っ込んで飛び跳ねてしまったなんて経験もあるのではないでしょうか? 今回のテーマは、車のアライメントとバランシングについてです。

思いっきり飛び跳ねなくても、数多くのバンプを越えるだけで車にとっては大きなダメージが発生しています。例えば、足回りに歪みが生じたり、ホイールが曲がったり、サスペンションに不具合を生じさせたりします。そのまま走行を続けるとタイヤのゴムに片減りが生じたり、走行中にハンドルが大きく震えたりいろいろな故障の原因になります。
バンプや悪路にはもちろん注意が必要ですが、マレーシアに住んでいる限り避けては通れません。
そこで今回のテーマであるアライメントとバランシングが登場します。日本ではあまりなじみないでしょうが、マレーシアでは大体走行距離が1万キロごとや、半年ごとにしてもよいくらいの作業です。
アライメントとは、タイヤを自動車に取り付けた状態でどの方向に向いているか、どのような角度で取り付いているのかを計測し調整するもの。これによりタイヤの片減りがなくなったり、直進性が向上したりといいことだらけ。タイヤの寿命も延びるので燃費にも関係してくるかもしれません。
日本でアライメントといえばそこそこの金額が発生してしまいますが、ここマレーシアでは意外と簡単に手ごろな価格でできてしまいます。
次にバランシングとは、タイヤをホイールに組んだ時のバランスのこと。バランスには大きく分けてスタティック(静的)バランスとダイナミック(動的)バランスの二種類があり、ここではタイヤそのものを専用の機械に取り付け高速で回転させることによりダイナミックバランスを調整し上下左右の振れをなくす作業を意味します。
日本ではタイヤを交換した時くらいであまり調整はしないものですが、バランシングによりホイール自体の歪みを発見できたり、走行中の不愉快なハンドルへの振動がなくなったりと、こちらもいいことだらけです。
こまめなお車のメンテナンスにより車が本来の力を発揮します。大事なお車を長く乗り続けていくためにもメンテナンスは必須ですね。
マレーシアで快適安心安全なカーライフを私たちは応援しています♪

TIGER SHOJI SDN BHD tiger-shojiNo.20, Jalan Juruhebah U1-50, Section U1, Temasya Industrial Park, 40150 Shah Alam
03-55670130
日曜日定休
FB:TigerShojiSdnBhd

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る