第4回 車の法定点検は受けなくても大丈夫?の巻

当社は日本の正規自動車ディーラーを親会社にもつ、マレーシア初の日系自動車整備会社です。海外での自動車の運転は、皆様の生活を快適にする一方で、自動車にまつわるいろいろな心配事があると思います。私達は自動車整備事業を通じて皆様の快適なカーライフをサポートいたします。今回のQ&Aは自動車の点検に関する内容です。

 マレーシアでは法定点検の義務がありませんが、点検を受けなくても大丈夫でしょうか。

 定期点検の義務はありません。しかし定期的な点検は、お車を安全かつ快適にご利用いただくためには重要です。新車を購入されると、3年もしくは5年のメーカー新車保証が付帯されますが、保証を受ける前提として各メーカーが定めた定期点検が必要となります。内容は日本の法定点検と同じ内容です。また、中古車を購入された場合でも、中古車保証を付帯することができます。マレーシアにはオパールとオートガードという大きな中古車保証会社があり、この2つの会社でも保証を受けるには定期点検が必要です。弊社はオパールとオートガードの認定整備工場ですので、安心して点検を受けていただけます。日本での点検・車検制度は、環境保護の基準も含まれ、点検内容をクリアすることで安全に車をご使用いただくことができます。マレーシアでもサービスショップにて点検は受けることができますが、故障が発生してから修理工場へ持っていく方を多く見受けます。その際に、いざ点検してみると、あちこち悪くなっていて結果として高額な修理になるケースがあります。日本での法定点検はエンジン関係、ブレーキ関係、タイヤ、足回り(サスペンション)関係、室内と室外の電気関係など分解整備点検を実施します。日本で分解整備を行うには国家資格が必要です。点検時に交換の必要なパーツや、今後交換が必要となってくるパーツなど消耗部品の劣化・磨耗度合いを入念にチェックします。点検毎に必要なパーツを交換することで、後々大きなトラブルや出費を控えることができます。点検を怠ったことで交通事故やそれに繋がるトラブルも実際起きています。走行距離や使用頻度で推奨点検時期は変わってきますが、目安として6ヵ月、または5000km走行ごとに点検されることをお勧めします。車はどこが悪くなったか教えてくれません。信頼のおけるサービスショップで、プロの目で確実な点検を受け、安全で快適なカーライフをお過ごしください。

TIGER SHOJI SDN BHDtiger-shoji

No.20, Jalan Juruhebah U1-50, Section U1, Temasya Industrial Park, 40150 Shah Alam

03-55670130

日曜日定休

FB: Tiger Shoji Sdn Bhd

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る