2012年1月-タイヨウチョウ

最も熱帯らしい鳥といわれれば、僕はまずタイヨウチョウ(Sunbird)を思い浮かべる。和名は英名を直訳したものだが、その名の通り熱帯の明るい日差しに似合う色鮮やかでメタリックな羽色の美しさでは他を寄せつけないものがある。見る角度が変わると色が違って見えるので、図鑑の写真によってはかなり色の違いがあったりする。

スマートなスタイルと細長いクチバシの特徴的な姿も日本の野鳥には見られないものだ。さらに重要なのがあまり希少すぎないということで、マレーシアの野山に行けばわりと簡単に目にすることができるし、どういう訳だか人をあまり恐れないようで数メートルほど離れたところを飛び交ったり、テーブルに置いたオレンジジュースを飲みに来たりするので観察がしやすいのだ。クチバシが細長いのは花の蜜を好んで吸うためで、独特のストロー状の舌を使って吸うように舐めながら花木の間を移動する。蜜の他にも小さな昆虫を捕食するようで、僕はホオアカコバシタイヨウチョウ(Ruby-cheeked Sunbird)のオスが白いカイガラムシ(たぶん)をメスにプレゼントしているのを間近でみた。

このタイヨウチョウをハチドリと間違う人がたまにいる。タイヨウチョウはアジアやアフリカ、オーストラリアに住むが、ハチドリはアメリカ大陸に生息する。タイヨウチョウのサイズは9〜22センチと幅があるが、小さいものならハチドリと同じくらいで、同様にスマートな身体と細長いクチバシをもち、花の蜜を好んで吸う。これは同じような生活環境に置かれたために似た方向に進化した(収斂)ためだ。タイヨウチョウはスズメ目で、ハチドリのようにホバリングしながら蜜を吸うことはなく、しっかり脚で枝をつかんで蜜を吸う。反対にハチドリはアマツバメ目で、脚が弱いのでほとんど歩くことはできない。他人の空似というわけで先月紹介した東南アジア代表のテナガザルと南米代表のクモザルの関係に似ているのだ。なおタイヨウチョウの名にふさわしい絢爛豪華な羽色をしているのはオスだけで、メスはだいたいどの種も目立たないウグイス色をしている。つまりメスの方がオスをみつけることになっているのだ。タイヨウチョウはたいていカップルで行動しており非常に仲がいい。こういう点でも見ていてほほ笑ましい鳥だ。

伊藤祐介

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る