2012年2月-Dr.江頭の健康相談

 

 

 

喫煙の害「肺気腫」  

喫煙が肺がんの原因になるということは広く認識されています。さらにそれ以外のがんの発生率が高くなるということをご存知の方も多いのではないでしょうか。このため日本政府もようやく「健康増進法」を制定し、禁煙運動を盛り上げています。その結果か、喫煙率は特に男性において低下してきており(女性の喫煙率はあまり下がっていない)最近のデータによれば喫煙率は30%以下まで下がっています。

 しかし、一方では「喫煙者のすべてが病気になるわけではない」ので、相変わらず喫煙を続けている人が多いのも事実です。今回は喫煙ときわめて関係が深い「肺気腫(はいきしゅ)」について考えて見ます。  

 肺気腫はその程度の差こそあれすべての喫煙者に発症する病気です。 しかし、実際にその症状が自覚されるようになるまでには非常に長い年月が必要で、多くの喫煙者は70歳過ぎぐらいから症状が強くなってきます。また、主な症状も「息切れ」と、ありふれた症状のため「年のせい」と、して見過ごされてしまいがちです。  

 この「息切れ」の特徴は「息は吸い込めるが、はくのに時間がかかる」、「早く息をしようとすると、”ぜーぜー”と喘息のような音がする」といったものです。進行するとこの症状が次第に悪化し、少し体を動かしただけでも息切れするようになり、最終的には酸素ボンベで吸入をしながら生活をしなければならなくなります。  

 肺気腫を早期に発見するには自覚症状に頼るだけでは不十分で、定期的に病院で検査を受ける必要があります。それには「肺機能検査」と「CT検査」の二つの重要な検査があります。肺機能検査は通常の人間ドックの検査項目に入っているものですが、CT検査は希望しないと受けられません。特にCT検査は肺気腫の初期変化が分かるので早期発見には有効です。特に喫煙者はこれらの検査を定期的に受ける事をお勧めします。

 肺気腫は現在日本には約800万人の患者がいるといわれ、近い将来、死因のトップ5に入ってくると予想されています。従って特に喫煙者はこの病気に気を付け、早期発見・早期治療を心がけてください。悪化する前に進行を止めることができます。もちろん、禁煙することのほうが大切であることは当然ですが・・・。

江頭省吾

===================================================
*皆さまからの健康相談を受け付けております。
具体的な相談内容をeditor@senyumpress.comまでお送りください。===================================================

2012/02/10 | カテゴリー:【連載終了】Dr. 江頭の健康相談

このページの先頭へ