2013年5月-Dr.江頭の生活習慣相談 (第9回)

足の指のカサカサ。もしかして水虫!?

相談者プロフィール

働きウーマン
年齢:20代前半
職業:営業
身長:160cm
体重:57kg

《最近の悩み》
数ヵ月前から足の指と指の間がカサカサし、少し痒みもあります。友達に相談してみたところ、「それって水虫じゃないの?」と言われました。水虫って若い女性でもなるものなのでしょうか? 毎日シャワーを浴び、清潔にしているつもりです。水虫だとしたら、原因はなんでしょうか? 治し方と予防策を教えてください。よろしくお願いします。

《食習慣の特徴》
・ついつい油っぽいものを多くとってしまいがち。夕飯は午後10時ごろと遅い日が多い。
・せっかちな性格なのか、食べるのが速い。

《睡眠》
・平均して睡眠時間は6時間ほど。
・最近特に、冷房なしでは寝苦しいが、冷房がつけっぱなしだと寒くなり、どっちにしろ夜中に起きてしまう。

《そのほか特筆事項》
・仕事は外回りがほとんど。
・靴は黒いパンプスを愛用。

今回の相談は足の皮膚の異常についてです。

相談者は水虫を心配しているようですが、これが本当に水虫かどうかは重要なことなので、必ず皮膚科へかかり、診断を受けてください。相談者の病気が水虫だと仮定し解説してみましょう。水虫は白癬菌というカビの一種が感染・繁殖して発症します。この白癬菌は足の皮膚だけでなく爪、陰部、頭部などさまざまな所に感染し、病気を引き起こします。水虫はこの典型例で、感染するとなかなか治りにくく厄介です。

本来、白癬菌は高温多湿の場所に繁殖しやすく、靴を長時間履いている人の足は条件のそろったところだといえます。このため水虫は男性サラリーマンの病気という印象がありましたが、最近では働く女性にも徐々に増加しています。相談者の場合も日常的にパンプスを長時間履いており、さらにマレーシアの気候を考えると水虫ができるのもやむを得ないと思います。

白癬菌は保菌者の足から靴、スリッパ、マットなどへ移行し、あとから使用した人へ付着します。その場所の環境がよければ、そこで繁殖し病気が発症します。従って白癬菌が繁殖しにくくすれば、たとえ付着しても水虫にはならないことになります。つまり防止対策は、足をよく乾燥させ清潔にすること、靴やスリッパをよく手入れすることが重要です。床掃除や靴箱の通気、同じ靴を毎日履かないようにすることもよい方法だと思います。 水虫の治療方法は軟膏・クリームなどの外用薬が通常使用されます。爪にも感染している場合や、皮膚が分厚くなるタイプは内服薬も使用します。治療は皮膚や爪が入れ替わるまで続ける必要があるので、治療期間も約半年と長期化しますが、状況によっては一年以上かかる場合もあります。治療により見かけがよくなっても医師が指示するまでは、決して治療を中止してはいけません。すぐに再発することになりますよ!

江頭省吾

===================================================
*江頭先生に生活習慣相談してみませんか?
editor@senyumpress.comまでお送りください。
===================================================

このページの先頭へ