2013年6月-Dr.江頭の生活習慣相談 (第10回)

慢性的な便秘を治してスッキリしたい!

相談者プロフィール

つまりきみ子
年齢:33歳
職業:会社員
身長:165cm
体重:58kg

《最近の悩み》
マレーシアで生活を始めて3ヵ月くらいなのですが、慢性的な便秘に悩んでいます。日本にいたときはたまに便秘になる程度でしたが、最近はいつもです。1週間くらい便秘が続くと食欲がなくなり、10日もたつと気分が悪くて仕事も手につきません。漢方の下剤を飲んでトイレにいっても、すぐまた便秘になってしまいます。病院にいくようなほどではないのですが、下剤を飲み続けるのはよくないと思いますし、かなり悩んでいます。解決策を教えてください。

《食習慣の特徴》
・朝はクラッカーなどをオフィスで食べる程度。
・野菜と果物を多くとるように心がけており、ランチは野菜が多めの中華料理が多い。
・夕食は、ローカルスタッフから胃腸にいいと進められたパパイヤや、野菜などが中心。
・お酒は誘われれば飲む程度。ビールが好き。

《睡眠》
・平日は7時頃起床、深夜12時ごろ就寝。週末はお昼近くまで寝ていることもあります。

《そのほか特筆事項》
・かなり運動不足です。車をもっておらず、近くにスポーツジムもないので、運動する場所がなく、運動したくてもできない状況です。

便秘は単純に便が出ない日数によって決まるものではなく、排便後の残便感、腹痛、腹の張った感じなどの症状を伴った状態をいいます。便秘は病気の一症状としてあらわれる場合があるので、その点も調べておく必要があります。相談者の場合、排便間隔が長いばかりでなく、不快な症状も伴っているので便秘症だといってよいでしょう。今回は、生活習慣に基づく便秘について考えてみます。本来、女性はホルモンの影響、骨盤の形態、腹筋の脆弱性などから、男性に比べ便秘になりやすく、このため便秘で悩んでいる人の大多数は女性です。一般的に食物繊維の摂取量が少ないと便秘になりやすいことは知られていますが、他にも多くの原因となる生活習慣があります。それらの原因をよく理解して対策を立てることが重要です。便秘の人が気を付けるべき生活習慣は次のとおりです。

●トイレに行きたくなったら、絶対に我慢しない。
●運動不足にならないように気をつける。腹筋も鍛える。
●規則正しい生活を心がけ、朝食はしっかり食べる。
●バランスのよい食事を摂り、偏食はしない。
●食物繊維を多く含むものを食べる。便を滑らかにするために油分も少しは摂る。
●ダイエットの際には、見かけの食事量が少なくならないように注意。便の量が減ると便秘しやすくなります。
●水分を多く摂る。水分が不足すると便が硬くなります。

ほかにも腹部をマッサージするとか、コーヒーがよいとか、あげるときりがありません。自分に合う方法を見つけて取り組んでください。最後に便秘薬についてひと言。出ない時に使用するのは構いませんが、常用するとかえって日頃の腸の動きが悪くなり、効きにくくなることがあるので、このような場合は医師に相談してください。

江頭省吾

===================================================
*江頭先生に生活習慣相談してみませんか?
editor@senyumpress.comまでお送りください。
===================================================

このページの先頭へ