マルキラーメン東京

クラシック黒味玉(左)とスーペリア醤油味玉(右)各RM26.90

マルキラーメン東京

鶏のうま味が詰まったスープと
打ち立て自家製麺に自信あり!

ヘッドシェフを務める北さんは北海道出身で、代々木の蕎麦店で修行中に現在のマルキラーメンオーナーから、マレーシアでの出店を打診されたといいます。

味のカギとなる醤油と、麺に使われる小麦粉は日本から輸入され、ベースとなるスープは清湯と白湯の2種類。清湯(当店ではスーペリアと表記)は、新鮮な丸鶏とシーフードをニンニク、生姜等数種類の香味野菜と一緒に煮込み、余分な脂を丁寧に取り除いた澄んだスープです。一方の白湯(当店ではクラシックと表記)は、同じく丸鶏と鶏ガラ、コラーゲン豊富なもみじ(鶏の足)を圧力かけて煮込んだクリーミーで濃厚なスープです。素材の真のうまみを感じてほしいとの思いから、MSGや防腐剤は一切使用されていません。

看板メニューは、半熟煮玉子と柔らかなチキンロールが載った日本人人気ナンバー1の「クラシック黒味玉(にんにく入り)」と「スーペリア醤油味玉」です。スパイシー好きにはローカルにも人気の一品「クラシックカラ」を。自家製麺は非常に弾力があり食べ応え充分です。

ラーメンに加え、数量限定のA5和牛丼、北さんのレシピで絶妙に味付けされた鶏の唐揚げや餃子などのサイドメニューも是非お試しを! 現在はテイクアウトのほか、Grab Food、Food Pandaでオーダーが可能。Lalamove(クランバレー内)での配送にも対応しています。

The LINC KL, Level 2, Lot 2-23 – Lot 2-28, 50400 KL
016-626 3389
11am-8pm
FB: marukiramen
IG: marukiramen

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る