世界の山ちゃん


 

看板メニュー「幻の手羽先」に加え
マレーシアだけのオリジナルメニューも

突然ですが、「世界の山ちゃん」にはもう行かれましたか? 名古屋発で、本格的な名古屋料理を食べられる居酒屋として日本では数年前に関東でも人気がブレイク! マレーシアには昨年、第1号店がオープンしました。
看板メニューはなんといっても、「幻の手羽先」。ご存知の方も多いと思いますが、その特徴はカリカリに揚がった手羽先とコショウをたっぷり使ったスパイスのコンビネーション、これにビールを合わせたセットが最高なんです! 海外であの味を恋しがっている人もいるのではないでしょうか?
「日本以外では香港、タイ、台湾に進出していましたが、とうとうマレーシアにも出店することができました。日本人はもちろん、ローカルのお客さんもドンドン食べに来てくれています」と話すのは、店長の中山さん。お店に来るのは8割ほどが中国系を中心としたローカル客で、ファミリー層からは「名古屋カレー」や「名古屋鉄板ナポリタン」も人気、週末は約130ある席が予約で埋まってしまうこともあるそうです。
中山さんによると、日本との大きな違いは「マレーシアでは少しコショウを減らしたほうが好まれる」こと。そのため、お店では日本のレシピを基本に注文時に味を調節するようにしているほか、日本にはない味付けで塩のみの手羽先も出しています。
そのほかマレーシア店だけで出しているオリジナルメニューは、豚肉とキャベツ、ニンジン、ニラなどの野菜に日本の特製塩だれをかけて鉄板で焼いた「豚々焼き」。こちらの料理もビールやお酒とよく合うので、お客から好評となっているそう。日本でおなじみの味を食べに行った際はオリジナルメニューも試してみてください。




 

 
 
 

 

 


Unit H-G-5, Block H, Plaza Arkadia, Parkcity Town Center, Desa Parkcity, 5220 KL
月~木5pm-10:30pm、金土4:30pm-11pm、
土日ランチ12noon-3pm、土6pm-11pm、日6pm-10:30pm
03-6411 1718/1738

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る