北海道食堂

ローカルを連れて行きたい居酒屋
期待を裏切らないオリジナルメニューに脱帽

居酒屋、大好きです♡ ここ最近のマイブームは、ローカルの友人を誘っての居酒屋巡り。「これ、日本で食べたよー」とか「食べたことない。何、これ?」なんていう質問に、(知ったかぶりで)答えながら、美味しい食事とお酒と会話が楽める! というのが理由の一つ。もう一つは、マレーシアに住み始めてからいろんなご当地グルメを教えてもらった恩返し。で、いろんな居酒屋メニューに挑戦してもらっています。「知らなかった。おいしい!」って言ってもらえると、うれしいじゃないですか。
とはいえ、マレーシアで食べられる居酒屋メニューにも限りがあって、正直、どこに行っても同じメニューが並んでいる…という現実があります。が、ここ「北海道食堂」はちょっと違います。よそにはないメニューがいっぱい! というのもここは、北海道の「ご当地公認」をとった居酒屋で、(ローカルに大人気の)北海道の食材を使った料理や郷土料理があるんです。例えば…、北海道産ジャガイモとカマンベールチーズを使った「北海道ポテト・カマンベール」、北海道産シャケを使った北海道名物「鮭のちゃんちゃん焼き」、北海道産のそば粉だけを使って打ったそばの「鶏天そば」に「卵とじそば」。ちなみに「鮭のちゃんちゃん焼き」は、北海道の三大料理の一つ(あと二つはジンギスカンと石狩鍋)で、新鮮な鮭とキャベツを砂糖などで甘くした味噌で蒸し焼きにしたもの。アツアツの鉄板に載せられて出てくるので火傷しないように気を付けて。
北海道食堂でもう一つオススメしたいのが、鶏の「藁焼き」。マレーシア広しといえど、藁焼き料理を出しているのは、ここだけじゃないかな? 炭火とは違い、燻製したかのような特有の香りが楽しめます。


 

 
 
 

 

 


北海道食堂
A2-G2-2, Publika, Solaris Dutamas, 1, Jalan Dutamas, 50480 KL
​12noon-11pm、年中無休
03-6206 4964 / 017-263 6294(日本語直通)
FB: hokkaido syokudo北海道食堂
 

2018/10/01 | カテゴリー:Food Review

このページの先頭へ