南香

創業以来変わらぬ製法
南香の絶品チャーシューとローストポーク

1938年創業の「南香」本店。大きな中華包丁で肉を切り分ける音がトントントンと小気味よく店内に響きます。創業当時から変わらない入口の調理場風景はどこかノスタルジックな趣。同店では毎朝30羽の鶏を丸ごと茹で上げます。「スチームチキン」と便宜上呼ばれていますが、海南チキンの調理法はコトコト湯がくのが特徴。だから、肉が柔らかくジューシーなんですね。そのゆで汁でふっくらと炊き上げたごはんが食欲をそそります。
南香といえばチキンライスですが、チャーシューとローストポークもおすすめ。チャーシューは代々引き継がれた秘伝のタレに一晩つけたものを、ローストポークは皮の部分に肉専用の鋭利なフォークのような道具で密に穴を開け、あら塩をもみ込み、こちらも一晩寝かせます。
朝6時。南香の店裏は大忙し。チャーシューとローストポークづくりが始まります。ドラム缶のようなオーブンのなかで、炭火が煌煌と燃えています。オーブンの淵にマリネした豚肉を吊るし、2時間じっくり焼き上げるのです。ローストポークは皮の穴を開けた部分から、脂肪がにじみ出し、油で揚げたかのようにクリスピーに仕上がります。朝10時からの営業ですが、チャーシューとローストポークが店頭にお目見えするのは11時から。11時半にはお客さんで店内は大賑わいとなり、午後3時までの営業で売り切ってしまうほどの人気ぶりです。
チキンライスには鶏ガラスープが付き、サイドディッシュに砂ずりやレバーのオーダーも可能。本店限定裏メニュー、もみじ(鶏の足部分)を湯がいて骨を取り除き、皮の部分を酢漬けにしたピリ辛「タイスタイルチキンレッグ」など、鶏肉を余すことなく提供する南香。老舗の海南料理の数々をご堪能ください!

 

 

 

 

 


 

 

南香 Nam Heong

【チャイナタウン本店】56, Jalan Sultan, 50000 KL
11am-3pm 03-2078 5879

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る