麵屋獅子道

麵屋獅子道

行列緩和、店舗2.5倍に拡張リニューアル。
なのに行列が増えちゃった店

10月にリニューアルオープンした「麵屋獅子道」。マレーシアン・チャイニーズから絶大な支持を得る同店は、来年4月で5年目を迎えます。もともと東京の大手ラーメン屋で仕事をしていた店主の神里さんは、2012年にマレーシア店立ち上げのスタッフとして来馬。2年半でマレーシア国内に2店舗もオープンさせた敏腕ラーメン職人です。23歳で独立し、麵屋獅子道を創業。

マレーシアン・チャイニーズをターゲットに絞り、豚骨ベースのスープを6種用意。白(豚骨)、黒(ガーリック)、赤(スパイシー)、黄(カレー)、緑(バジル)、雷(ペッパースパイシー)。オリジナルでもスープを2種あるいは3種ミックスさせてカスタマイズもできるユニークなコンセプトが大ヒット。週末には行列ができる、大人気店となりました。30分、1時間待ってでも食べたいお店。お客さんをまたせないようにと、今までの2.5倍に店舗を拡張、スタッフを増員し、80席で営業を開始しました。ところがどっこい!店舗拡大でますますお客さんが増え、やっぱり週末は大行列!

「行列でお待ちいただいたお客様、待ち時間を大幅に短縮します!」とセニョ~ムの10月号に広告を打ったばかりだというのに・・・。とはいえ、スタッフのサービスが行き届き、神里さんも自ら厨房に立っているので、回転率はいいのでご安心を。焼き豚が一本ド~ンと乗った、アイキャッチな「一本焼き豚ラーメン(週末は50杯の売り上げを誇る人気ぶり!)」をはじめ、アイデア満載の期間限定ラーメン、新メニューのカレーライスや生姜焼きワンプレーとディッシュなど、マレーシア人の心をグッと掴んだ麵屋獅子道。上辺だけでなく味も一級なものだから、週末の行列を解消することは難しそうです。その味はご自身でご堪能あれ!

麵屋獅子道

Lot 100 P2.039, The School Jaya One,
No.72A, Jalan Universiti, 46200 PJ
11am-10pm

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る