Bistro Den Den

  • 2013/10/6
  • Bistro Den Den はコメントを受け付けていません。

こどもも大人も楽しめる「遊び心あふれる洋食」が自慢

今年7月にオープンしたビストロ伝伝。KL近郊の新スポットとして注目されるオアシススクエアの一画にあり、まさに瀟しょうしゃ洒な洋食屋さんといった趣き。なんといっても3人の日本人シェフがいるというのはマレーシアの数ある日本食レストランのなかでもまれだろう。 料理長の白戸シェフは、元々フレンチシェフ。ホテルオークラで働いていた時、日本大使館に出向の話があり、大使にその実力を認められ、1975年から21年間日本大使館付きのお抱えシェフとして勤務していたという。アフリカ・ガーナから始まり、ヨーロッパ全土、カナダなど世界を大使と共に巡った。大使館を辞職した後も、香港、上海などでレストランビジネスに関わり、上海ではフランスパンやエクレアなど、フランス菓子の専門店を興したことも。世界を股にかけて活躍した華々しい経歴なのに、ユーモアを交えながら話す白戸さんはとっても気さくな方。東南アジアは初めてだそうだが、「住めばなんとかなる」と穏やかな笑顔。お店の味は、自家製のデミグラスソースが肝。牛筋と野菜を2週間かけて煮込み、ソースを作るそうだ。看板メニュー「グリルハンバーグ」と、9月にスタートしたばかりの新メニュー「スリーピングベア」には、たっぷりとこのデミグラスソースが使われており、ソースの芳醇な香りにうっとり。さらっとしているのにしっかりコクのあるデミグラスソースは、ソースだけ食べていてもまったく飽きがこないのが不思議だ。一皿一皿が大きいのもお店の特徴。みんな大好きな洋食だからこそ、家族や友達、カップルでぜひ楽しんでほしい。

denden denden2 denden3

「スリーピングアニマル」(RM18)。写真はお子様用だが、大人用の遊び心あふれる「アニマル」も。来店時にメニューで確認してみて。
中央「老舗の味グリルハンバーグ」(RM32)。かなりボリューム感のあるハンバーグは、100%オージービーフ。ランチ時には、女性もぺろっと平らげるという人気のメニュー。ベシャメルソースとチーズが利いていてとろーり感も楽しめる。
「ティラミス」(RM15)。リキュールを使っていないので、お子様にもおすすめ。クリームチーズが優しい味わい。

Bistro Den Den
R-05 Central Piazza, No.2, Jalan PJU 1A / 7A, Oasis Square, Oasis Damansara 47301 PJ
03-7734 4335
12noon-2:30pm 6pm-11pm(ラストオーダー)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る