Ciccio

シェフの工夫とセンスとアレンジが効いた
イタリアご当地グルメに舌鼓!

ピザ窯からのこんがりと焼けたピザの香りに釣られて入った店内では、まだ日も落ちていない時間にも関わらず、イタリア人常連客をはじめ、たくさんの人が席を埋めつくし、陽気な賑わいをみせています。
オーナーシェフのルーディーさんのおすすめはアランチーニとミートボール。アランチーニとは、風味豊かなトマトリゾットにモッツァレラチーズを加えて団子状に丸め、パン粉をまぶして揚げたイタリアの名物料理です。パン粉には自家製のチャバタを使用、シェフ特製のアラビアータソースで召し上がれ。「ミートボールは料理としてはシンプルですが、肉の種類やその配分が味の決め手となる奥深いもので、各家庭や店によって味が異なります。チッチオでは和牛のヒレ肉と豚のミンチがベース。定番料理なのでぜひお試しください」と話すのはマネージャーのアレックスさん。厨房から素敵な笑顔を覗かせるルーディーさんも、「お味はいかが?」。もちろん「ボーノ」です!
6月からの新メニュー「イベリコポークリブとパッパルデッレ」は、幅3センチ以上もある平たい麺(パッパルデッレ)に、とろっとろになるまで煮込んだイベリコポークのリブが豪快にのった一品。食べ応えのあるアルデンテパスタと、甘みのある脂を含んだスペアリブはトマトソースとの相性も抜群!ポークリブはアラカルトメニューにもあるので、食いしん坊には追い飯ならぬ"追いリブ"もおすすめです!
また8月中旬から食後もお酒をゆっくりと楽しめるようにと、2階にバースペースがオープンします。3日前までに予約をすれば貸し切りも可能。歓送迎会や誕生日パーティーにぜひご利用ください。


 
 
 


Ciccio
15, Changkat Bukit Bintang, 50200 KL
03-2141 8605
​5pm-12midnight (LO 10:30pm)
www.ciccio.com.my
info@ciccio.com.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る