OZEKI

「原価を考えずつくってしまった」というかつおだしの効いたつけ麺(RM32)

牛テールラーメン(RM35)

OZEKI

手間を惜しまず「旨さ」を追求
大関ならではの至極のつけ麺

日本料理の老舗「大関」は定番から趣向を凝らした創作料理、季節の提案メニューまで、その多彩さはKL和食界を圧倒しています。シェフの君島さんは、和食、イタリアン、フレンチの経験があるので幅広い食材に精通し、その組み合わせで常に新しい味を創り出しています。今回は数多い創作料理のひとつでもある大関のラーメンをご紹介します。

特に注文が多いのが、オリジナルレシピによる「つけ麺」です。君島さんが日本で有名ラーメン店を食べ歩き、マレーシアで手に入る食材で行き着いたつけダレは大関こだわりの逸品です。皮だけ剥いだ鶏ガラ、かつお節、昆布、煮干し、干しシイタケなどを「可能な限りぶち込んだ」スープは、日本でもなかなかお目にかかれないような贅沢ぶり。出汁を取るのに使う鶏ガラの量も半端じゃありません。海の幸、山の幸のうまみが凝縮されています。

一風変わったものをという方におすすめなのが「牛テールラーメン」です。マレーシアでもポピュラーな牛テールを圧力鍋で2時間じっくりと煮込み、野菜、かつお節、少なめの醤油と塩を加えたあっさり目のクリアスープに、半熟卵、そして、柔らかくトロトロのテール肉の食感がたまりません。

ラーメンのほか、牛丼も是非試していただきたい自慢の一品です。常連客からは「日本の牛丼よりうまい」との声も届いているのだそう。

Menara TA One, Ground Floor, 22, Jalan P.Ramlee, 50250 KL
018-872 2714(ご注文はWhatsappでも可。)
12noon-2:30pm,6:30pm-11pm(LO 10:30pm)
www.ozeki.com.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る