SUMI Genshi-Yaki Sakeba

シェフのこだわりが詰まった
囲炉裏のある日本料理店

バンサーバルにオープンしたばかりの日本料理店。「稲ぎく」北京店でキャリアを積んだ香港出身のサンソンさんが、オーナーシェフとして腕を振るっています。ちなみに稲ぎくは、明治37年に浅草で開業したという老舗の高級天ぷら店。アンソンさんはその北京店で働いていたというから、どんな料理が出てくるのか楽しみ♪
今回は2週間ごとにセット内容が変わる「弁当セット」と、寿司が5巻も付いた「寿司・うどんセット」をいただきました。さすが稲ぎく出身! 彩りのいい盛り付けが食欲をそそります。「料理は味だけでなく、お客さんを目で楽しませることも大切。だから一品一品、料理を『デザイン』するのも僕の役目なんです」とアンソンさん。
レストラン名の「原始焼き」とは、厨房にある囲炉裏を使って焼き物をつくるから。おすすめはサバの塩焼きで、囲炉裏に置いた炭火で焼くため旨味が増すそうです。
アンソンさんのこだわりが詰まった日本料理、じわじわローカルからも人気を集めており、必見です!


 

 
 
 

 

 


SUMI Genshi-Yaki Sakeba
No. 19, Jalan Telawi, KL 016-969 1352
​12noon-3pm / 6pm-11pm(日~水)、12noon-3pm / 6pm-2am(木~土)、月曜定休
FB: Sumi Bangsar
 

2018/10/01 | カテゴリー:Food Review

このページの先頭へ