THAI HOU SEK

豚好きが集うタイ中華レストランに
好吃(旨い)新メニューが登場!

店名のHou Sek(好吃)とは中国語(正確には広東語)で「旨い」という意味。直訳すると「旨いタイ料理」となるが、中国語を使っているのがミソで、だから「旨いタイ中華料理」となる。さらに突き詰めると、中華といえば豚。つまりここは、「旨い豚肉料理を出すタイ中華」レストランなのである。毎々、豚肉には目のない中国系マレーシア人たちが集い、豪快な食べっぷりをみせる。
さて、今回は魚介類を使った新メニュー2品と、ボリューム感溢れる豚肉料理1品をご紹介しよう。まずは、仕上げにタイ産チャンビールを入れた「エビとアサリ入りスパイシーライムスープ」。なんとなくピピッときますよね。そう、味は「アサリの酒蒸し」に近いが、さらにダシの出るエビを足し、お酒の代わりにライムジュースとビールを入れる。ライムの香りと酸っぱさがほのかに感じられる、エビとアサリのダシ入りスープの出来上がり。
お次は「イカの豚ミンチ詰め」。タイ味噌で下味を付けた豚ミンチの餡を「これでもか!」というくらい、イカのお腹に入れ、蒸煮した料理。イカと豚肉の見事な融合。これは食べごたえある! ビールのつまみとしてはもちろん、アツアツご飯の上にこのイカをのせて、スープをかけて食べてもイケルイケル。
最後に豚肉料理「ポークナックルの唐揚げ」。ポークナックルといえば、ドイツレストランやパブなどでも出てくるが、この店では、調理法はあくまでも中華風、肉を*ブレイズした後に唐揚げする。中の肉は柔らかくジューシーで、外はカリカリの食感が最高!…なのだが、この肉をそのまま食べないで、スライスして、「バイ・チャップー」と呼ばれる葉っぱに包んで食べるのが、タイ・ホウセッ風。ぜひお試しください。 

 

 

 
 
 

 

 


B-G-11, Block B (Bellamy), Plaza Arkadia, Desa Park City, 52200 KL
​月~金11​:​30am​-​3​:​30pm​、​6pm​-​11pm 土日​11​:​30am​-​11pm
03–2715 4727
FB: Thai Hou Sek

*新メニューはArkadia店とPavilion店のみ。
 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る