Via Pre

写真中央が、「サルシッチャ」というイタリアン・ポー クソーセージ。

写真中央が、「サルシッチャ」というイタリアン・ポー
クソーセージ。

山の庵、北イタリアのピエモンテ郷土料理が自慢

「『イタリア料理』なんて存在しないんですよ。地理的にも(南北に長い)、歴史的にも各地方それぞれ特徴があり、違うんです」と、ヴィア・プレのオーナー、マウリさん。マウリさんはイタリア北部のピエモンテ州出身。だからここヴィア・プレは、ピエモンテの郷土料理が自慢のイタリアンレストラン。マレーシアにもいろいろなイタリアンレストランがあるが、北イタリアの郷土料理を味わいたい! という向きには、ぜひ立ち寄っていただきたい。ピエモンテといえば、チーズなんだそう。アルプス連峰に臨む山岳地帯では牛の放牧が盛んで、いろんなチーズが生産されており、まずは「コールドカット(生ハム、

コールドカットの盛り合わせ。

コールドカットの盛り合わせ。

サラミ、チーズのスライス)盛り合わせ(58リンギ)」をどうぞ。次にメイン。今回のお勧めは「サルシッチャ(39リンギ)」というイタリアン・ポークソーセージ。元々は南イタリアで食されるソーセージですが、ピエモンテでも健在。しかも付け合せのかぼちゃとサツマイモのマッシュは、セニョ〜ムも初体験の感動の味。ホームメイドピザは4種類のトッピングが楽しめるピザで、うち1種はジャーン! アーティチョークです(なんと贅沢な!)。アーティチョークのピザなんて初めていただきました。でも、同店シェフのジョアオさんによると、現地では極々普通のピザらしい。北イタリアの郷土料理の味を、ヴィア・プレでぜひどうぞ。

アーティチョーク、黒オリーブ、ハム、マッシュルームの計4種類のトッピングが楽しめる。

アーティチョーク、黒オリーブ、ハム、マッシュルームの計4種類のトッピングが楽しめる。

Via Pre
Ground Floor, 5, Weld Quay, Georgetown, Penang
04-262 0560
10am-10pm
www.via-pre.com

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る