新・かっしーのお金のはなし 経済的な豊かさと人生について

 

資産運用というと、「​富裕層だけがやるもの​」​と思ったり、​「​もう少し先の話​」​と考えがちですが、本来は「​​自分​のライフ・プランニング」に沿って​、​自分または自分の家族にとって必要な準備をする​」​という​もので、まさにこれが「資産運用の根幹」となります。そこで、具体的に資産運用とは何なのかについて、かっしーさんから学んでみましょう。
柏村信光:2008年​来​馬、マラヤ大学​大学​院卒業。ファイナンシャルアドバイザー。イギリスCISI認定。イギリスCII認定。マレーシア・ラブアン金融庁公認


前回までイソップ物語「ガチョウと黄金の卵」を通して、〝行動の分散”や〝時間の重要性”について話してきました。
物語を少しおさらいします。農夫の飼っていたガチョウがある日、黄金の卵を産んでいました。その日以降、そのガチョウは一日一個、必ず黄金の卵を産むようになり、そのお陰で農夫は裕福な生活をできるようになりました。しかし、一日一個では我慢できなくなり、「ガチョウのお腹に金塊があるのでは」と考えた農夫は、お腹を切り裂いてみたものの、金塊などなく、ガチョウも死んでしまいました…というあらすじです。
この物語は、様々なコンサルティングの場面で使われています。資産運用のコンサルティングに関して使われるときは、「農夫として収入を得るのとは別に、ガチョウが産む黄金の卵のおかげで2種類の資産が同時に形成されていく=行動の分散」、「黄金の卵以上に大切なのは、黄金の卵を産むガチョウを育て管理するにはそれ相応の時間や努力が必要である=時間の重要性」です。
今回着目したいのは、黄金の卵をガチョウが産むようになってから「裕福な生活ができるようになりました」という箇所です。
日本人の多くは、ライフプランニングやファイナンシャルプランニングのための時間をとりません。「自分は何年後にこういうことをしたいから、これぐらいのお金が必要だ」、「これぐらいのお金が何歳の時にできるから、その時にはこういうことをしたい」のように、二つのプランニングを連動させて考えません。つまり、目の前のお金を貯めることに忙しく、自分の生き方を豊かにするためにお金をどう使っていくかを考える時間をとらない傾向があるのではないでしょうか。
現状、〝万が一何か起きたら”ということを意識しすぎています。その結果、起きてしまうのが〝死ぬ直前が一番経済的に裕福である”という現象です。これが良いか悪いかという判断は私がすべきではないと思いますが、物語に出てくる「ガチョウの産む黄金の卵のお陰で裕福に生活をすることができた農夫」のように、経済的な豊かさを求めることとは別に、「経済的な豊かさをどう人生に生かしていくのか」もバランスよく意識していくのも大切なことではないでしょうか。

 


資産運用のご相談ならInfinity Financial Solutions
2000人以上をサポートしてきた資産運用コンサルタント会社です。

Tel:  03-2164 6585
Mobile: 016-3413 281
nobumitsu.k@infinitysolutions.com
8th Floor, South Block, Wisma Selangor Dredging, 142A Jalan Ampang, 50450 KL

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る