李先生脱痣中心

古き良き時代のヘアサロンに紛れ込んだかのような店内。 ジャネットさん一家が施術に当たります。

中国伝統ハーブ薬の力できれいにシミ取り 80年以上の信頼と実績を実感

1941年創業、中国の伝統的な漢方薬を使用し、痛みや出血を伴わず、安全にシミ・ホクロ・ソバカス・イボを除去してくれる「李先生脱痣中心」。創業者であるリー・ザオ・ヨン(Lee ZhaoYong 以下李先生)氏は、中国は広東省生まれ。李家代々に伝わる風水と、顔や体にあるホクロの位置で運気を占う術を父親から学びました。17歳の頃、マレーシアへ渡り、父がオープンした店を手伝い始めます。そこで自らの才能に大きな可能性を抱き、副業で、父の店の隣に自分の店を立ち上げたのです。父親が他界したのち、李先生はビジネスの拡張を試みてシンガポールに渡ります。そこで人相学のエキスパートを師に仰ぎ、更なる知識を身につけました。マレーシアに戻ると、KLで最も古い、チャイナタウンの仙四師爺宮(シンセースーヤー寺)近くに露店を開き、その後現在の店舗のはす向かいにあった、コピティアムの2階に店を構えたのです。1941年に商標登録し、KL初の人相学専門センターを開業しました。創業79年と言いますが、李先生の実績は80年以上と言えるでしょう。

施術にあたるジャネットさん

現在は周知の通り。チャイナタウンの一画、ノスタルジックな雑居ビル内にあります。そこでは、人相学の知識とホクロ除去の秘薬を李先生からしっかりと受け継いだ、娘のジャネットさんが切り盛りしています。実父でもある李先生の元でジャネットさんもまた、17歳の時からこの職に就いているのです。さて、「李先生脱痣中心」の信頼と実績の秘訣とは一体何なのでしょう。それは、患部に漢方薬を刷り込み浸透させることで、シミを根本から取り除くこと。同じ箇所に、同じシミが二度と現れないのです。時は流れ、ジャネットさんのご主人も施術師として活躍していますし、週末は息子と娘も手伝いにきます。「父が私たちに残した素晴らしい技術。これからも私から子へ、子から孫へと引き継いでいくつもりです。そして、肌に悩みを抱える人が、安心して駆け込める場所でありたいわ。」とジャネットさん。例えば、レーザ施術だと皮膚の表面に沈着したシミを除去するにすぎず、数年後には同じシミが再び現れます。また、レーザー治療では肌全体、つまりシミ以外の箇所にもレーザーが当たってしまい、肌のことを考えると善策とも言えません。その点、李先生の施術は患部のみ。痛みもなく(大きなものだと少しヒリヒリと痛みを伴うことも)、傷が残ることもありません。施術後は、患部を避ければ化粧をしてもいいなど、通常生活を送ることが可能。かさぶたのような黒い跡は小さければ8~10日、大きなものだと20日ぐらいで自然に剥がれます。施術前のカウンセリング(希望すればホクロ占いも)には、今年より20リンギ費用がかかりますが、当日施術をすれば無料です。小さなシミは10リンギ~で、大きさによって値段が異なります。そして安心の一年保証付き。ホクロ・シミ・イボにお悩みの方、まずは予約してジャネットさんにご相談を!

若かりし日のジャネットさんと李先生

李先生と奥さんのFong Weng Huasさん



李先生脱痣中心
63, Room2.12, 2nd Floor, Jalan Sultan, KL
03-2031 8868
10:30am-6pm、10:30am-5pm(日•祝日)木曜定休
www.mole.com.my
FB: leesinsang1941


関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る