私の好きなゴルフ場Vol.11 (Cinta Sayang Golf & Resort)

今月のゴルファー:ぎぶんさん
ペナン駐在歴3年。ゴルフ歴20数年。ゴルフを始めてすぐスコアが急伸。もしかして…と勘違いして20年が経った。

近隣ゴルファーに愛されるコース

今回は、ペナン島から車で北へ約1時間、ペナン州のお隣クダ州スンガイパタニにあるチンタ・サヤンゴルフ&カントリーリゾート(Cinta Sayang Golf & Country Resort)をご紹介します。ゴルフ場の名前の如く(CintaとSayangはマレー語で「愛」の意味)、ペナン州やケダ州在住の日本人やマレーシア人にこよなく愛されているコースで、週末は多くのゴルファーで賑わいをみせています。コース全体は比較的フラットで、プレー費も土日や祝日でも200リンギ以下とリーズナブルなクダ州を代表するゴルフコースです。

コース攻略は、ショートホールとロングホール

好スコアを出すには、ショートホールとロングホールをパーかボギー、うまくいけばバーディーでスコアを稼ぎたいところですが、ここチンタ・サヤンはそれが結構難しいコースです。ショートコースは全体的に長めの距離(バックティから)で、約200ヤード(アウトコース7番ホール)、打上げ&2段グリーン(インコース13番ホール)、池に囲まれたホール(インコース16番ホール)があり、ゴルファーを力ませてくれます。またロングホールでは、グリーン手前に池やクリークが走っているホールが2つあり、特にアウトコース2番ホールは長距離ヒッターでもツーオンをチャレンジする勇気が湧くホールではありません。刻んでスリーオンを手堅く狙いたいところですが、今度はグリーンが池に囲まれていて、プレッシャーに勝つ精神力が必要になります。さらに続くアウトコース3番ホールでは、ティーショットのボール落下地点にクリークが斜めに横切っているため、ショットの正確性を要求されるなど、なかなか思い描いたスコアでホールアウトさせてくれません。逆にいえば、これらのホールをうまく攻略できれば好スコアに繋がっていくはずです。マレーシアでは、グリーンまでの距離をメートル表示しているところが多々ありますが、ここチンタ・サヤンは日本のゴルファーになじみのあるヤード表示。日本からの旅行客でも違和感なくプレーができます。

ゴルフ以外のレジャー施設も併設

宿泊施設はもちろんのこと、ゴルフ場以外にウォータースライダーがあるプール、乗馬体験、アーチェリーなどのアクティビティーも充実しているため、家族やグループ旅行ならお父さんや男性はゴルフ、お子様や女性はそのほかのレジャー施設利用で、チンタ・サヤンリゾートを楽しんでみてはいかが。

golf

 

 

 

 

 

Cinta Sayang Golf & Resort
Persiaran Cinta Sayang, 08000 Sungai Petani, Kedah
04-441 4666
www.cintasayangresort.com

golf2

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る