私の好きなゴルフ場Vol.8 (Penang Golf Club)

今月のゴルファー:のぼさん私は、山口県出身で2000年にペナンに赴任し、月5回のアベレージゴルファーとして、Peny Club、Semua Orang Cup、Duda Cupなどペナンの各種コンペに参戦して日本人同士のコミュニケーションを図っています。

老若男女、誰でもプレーしやすいコース設計

今回ご紹介する私の好きなコースは、ペナン、ジョージタウンからペナン空港方面に車で20分のエクアトリアルホテルのそばにある「PENANG GOLF CLUB」旧称“Bukit Jambul C.C.”です。このコースはペナン島にある唯一つのチャンピオンコースで、ペナン州政府からクラブの経営を引き受けた大洋リゾート社(以前Kajang Hill G.C.を経営)が2年の歳月をかけてコースの全面改装をし、2012年10月末に18ホールがオープンしました。フェアーウエイはバミューダ芝に、グリーンはティフイーグル芝(最新のハイブリッド種)に張り替え、排水システムの改善で電動カートはフェアーウエイに乗り入れ可能です。コースは初級者から上級者まで、また女性やシニアの方々も快適にプレーできるような設計になっています。

上級者になるほどテクニックを試される

一方このコースは、とくに上級者にとってメンタルプレーを要するコースでもあります。距離、方向ともに正確なショットが要求されるコースですので、気負うことなく淡々と自分の心をコントロールする修行の場ともなりそうです。特に、2番ホールはブラインドホールで、方向性、飛距離をしっかり計算してショットをしなければ、たくさんの落し穴が待ち構えています。我々の仲間では“虎の穴会”と称して、月一度のペースで70台のスコアを目指してプレーを楽しんでいますが、自分のマインドコントロールができたときは、スコアも良く、充実感を味わうことができます(なかなか、人間は無心の境地になることは難しいのです)。

プレー後は、おいしい日本食とお酒に癒されて

新規オープンの木の香りが漂う日本食レストラン「桜島」で日本人シェフの料理を堪能できます。鹿児島から直輸入の各種銘柄のおいしい焼酎や、日本酒、ワインなども備えつけの酒蔵で選べます。また、ゴルフをされない方でも夕食を楽しめるように、個室もたくさんあり、少人数から大人数までの宴会もできるようになっています。特別な注文にも対応してもらえますので、一度出かけてみてはいかがでしょうか。そしてクラブ内のカフェテラスでは、ペナンのおいしい中華料理(福建麺、チャークイテオ)やタイ料理なども各種あり、ペナンの味覚を楽しめます。

 

 

 

 

Penang Golf Club ( 旧称 Bukit Jambul Country Club)
2 Jalan Bukit Jambul, Bayan Lepas, Penang 04-644 2255 ( 日本人担当者: 堂本、坂元)www.penanggolfclub.com.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る