2011年12月-「LAMPI(ランピ)」と「LAMPISA(ランピサ)」

ちょうど20歳になったイトコが友達と盛り上がって話をしていました。そしたら「おまえって、ランピ〜!」と聞こえてきました。僕は一瞬耳を疑ったのです。「ランピ〜」って何? 生まれてこの方ずうっとマレーシアにいますが聞いたことがない!「え〜?病気の名前?」さっそく「ランピー」(LAMPI)という単語を辞書で引いてみましたが、載っていません。もしかして、自分のマレー語の勉強が足りない??あまりにも「ランピー」が気になったので、その意味を若者たちに教えてもらいました。

 「Lampi (ランピー)」は「Lambat(ランバッ) + Pick-Up(ピック-アップ)」を省略した言葉で10代〜20代、学生の間でよく使われている若者言葉の一つだったのです。一番最初の単語の音節「ラン」と「ピ」を合わせます。これは日本語の「チョベリバッ」(超ベリー・バッド(very bad)の略)と共通点(略語かつ若者言葉)がありますね。

 では意味は何でしょうね?「ランバッ」は「遅い」という意味で、「ピックアップ」は「読み取る」という意味です。「読み取るのに遅い」、つまり「話しや状況を理解するのが遅い」です。意味的には日本語の「KY=空気読めない」にも近いですね。

 さらに、「超理解が遅い」場合は「LAMPISA(ランピサ)」という若者言葉を使ってください。これは「LAMBAT(ランバッ) + PICK-UP(ピックアップ) + SANGAT(サガッ)」の略になります。さぁ、さっそく「ランピ」と「ランピサ」が理解ができたのでどんどん使ってみましょう!!でも使いすぎて友達を失わないようにね!

Bintang&Bulan

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る