2013年9月-スラマッ ハリ ラヤ!(ハリラヤおめでとう!) 

 8月8日、9日はイスラム最大の行事、「ハリラヤ」でした。ハリラヤは断食明けの大祭のことで、1週間程度お休みになる会社がほとんど。多くの人が地元に帰って家族や親戚とお祝いします。私たち家族も、今年はサラワクのダンナの実家に初めて息子を連れて行きました。今回はなんと母も日本からやって来たので、私とダンナ、息子に母の4人で、KLから12時間かけてサラワクに帰郷しました。

今回の帰郷はハリラヤに加え、もう一つ目的がありました。マレーの文化では、生まれて初めてあかちゃんの髪の毛を切るときにおひろめの儀式をします。ちょうどダンナのお兄さん夫婦にも同じ1歳の子供がいるので、ハリラヤにあわせ、合同で儀式をしようということになっていました。ハリラヤにはたくさんのお客さんにお菓子やご飯、飲み物を用意するので、この機会に儀式をすれば節約にもなります。

初めて経験する儀式なので、服も新調しました。ハリラヤなどの晴れの日におそろいの色の衣装(バジュ・ムラユ)を着ている家族って素敵だなと思っていたので「家族3人、大好きな紫色の布でおそろいの服を縫ってもらおう!」とハリラヤの一ヵ月前に仕立て屋に行ったんだけど、予約がいっぱいで断られたり、高くふっかけられたりして布から作るのは断念。仕方なく、家族3人分黄緑の既製服を買って当日を迎えました。

ところが…な、なんと長男家族も黄緑で統一! それどころか義父やダンナの弟たちも黄緑。…がっくり。仕方ない、「家族3人でおそろい」ではなく、「親戚で黄緑統一」ってことで、と気を取り直してお客さんを待っていたら、ダンナの妹が「ちょっと、外を見て」と。…なんと、最初に到着した二つの家族のほとんど全員の服が黄緑!(黄緑、今年の流行色ですか?)その後来たお客さまはいろんな色の服を着ていたけれど、次回家族で服の色をそろえるときは、親戚に聞いたりしてちゃんと下調べしようと心に決めました。

儀式では、薄毛の息子の毛もどうにか髪切りの儀式には足りたし、母もサラワクの田舎の生活を楽しんでいたみたいだし、思い出いっぱいのハリラヤ&儀式になりました。みなさん、Selamat(安全な)Hari(日)Raya(お祝い)!ハリラヤおめでとう♪

malayはみだしコラム

Selamat という単語、一度は耳 にしたことがあるんじゃないでしょうか。挨拶の 最初によくつく単語です。

■ Selamat pagi(朝)→おはよう

■ Selamat hari(日)jadi(誕生)→誕生日おめでとう

■ Selamat datang(来る)→いらっしゃいませ ほかにもたくさんありますよ。使ってみてくださ いね。

のっし

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る