2014年7月-教えてドクター!! 特別編 ローガンライ・スペシャリスト・センターの歴史

 ローガンライ・スペシャリスト・センターは、1975年に創立して以来、ペナン周辺の地域で確かな実績を築き、患者様からの信頼を獲得してきました。当医院の歴史は故ローガンライ医師が50年にわたるキャリアを積んだ後、息子のケルヴィン・ロー医師とともに始めた小さな産院から始まります。1992年にローガンライ医師は81歳でこの世を去りますが、その後も設備やスタッフの拡充を図り、2009年9月には10階建ての病棟を新築。新病棟は、3つのウイング(メインウイング、診察ウイング、そして排卵誘発センターを含む産婦人科と小児科ウイング)から構成されており、合計265床と、デイケア用として21床を有しています。

患者様の診療記録をより効果的に管理するため、電子カルテシステムを導入しているほか、2009年にはマレー半島北部地域の私立病院において初めてPET-CTスキャナー(コンピューター断層撮影)を導入。最先端の放射線療法によるがん治療も行っています。

心臓部門と聴覚クリニック、そしてリハビリテーションセンターについてご説明しましょう。

■心臓部門

 心臓障害、心血管疾患は、近年では男女ともに主要な死因となっています。2003年に当院はバスキュララボ(心血管疾患を専門に扱う検査室)を導入。最新の器材、技術を駆使しており、心血管の専門家チームが正確に病状を確認できるようになり、的確な診断につながっています。

■聴覚クリニック

1975年、病院の開幕式にて

1975年、病院の開幕式にて

 

聴覚クリニックでは、あらゆる年齢層の患者様に対応した診察を行っています。聴力のバランスをとり、補聴器などの機器や、聴覚リハビリテーションのクラスも提供しています。また、2005年より難聴の方や聴力を喪失した方のために、人工内耳の手術も実施しております。

■リハビリテーションセンター

リハビリテーション部門は、理学療法士、作業療法士、聴能学士と言語病理学士、聴覚言語セラピストより構成されています。小児科医・心理学医と共に、多種多様なニーズを要する小児のためのワン・ストップ・センターもあります。一日も早く少しでも質の高い生活を送れるよう、さまざまなスペシャリストが患者様をサポートいたします。

当院は以上のように、常に時代の最先端をいく技術や、効率的で効果的な治療法を導入しきました。同時に、患者様の人間性を尊重し、常に思いやりの精神をもって患者様のお世話をさせていただきます。

Loh Guan Lye & Sdn.Bhd
238, Macalister Road, 10400 Penang (内科と外科)
19 & 21, Logan Road,10400Penang (産婦人科、小児内科、緊急)
Tel: (604) 238 8888 (Ext:8196) DID:(604) 238 8196 Fax: (604) 238 8988
Email:csexecjap@lohguanlye.com(日本語可)
Website: www.lohguanlye.com
24時間対応緊急電話:(604)2266911

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る