2015年1月-バニャ ニャー!!(多いな~!!)

先日、7年来の親友のマレー系の女の 子の結婚式に参加しました。私がサ ラワク州の村でボランティアをしていた 際、彼女が高校の新任教師として村に赴 任してきたときからのつきあいです。偶 然にも今はお互いKL在住です。「結婚式 があるから絶対来てね」とくれた招待状 を見てびっくり! 3回も式を挙げるの!? 「Banyak nya!(バニャ ニャー、多いな あ!)」。Banyakは「多い、たくさん」とい う意味で、nyaは直nikki前の単語を強調します。

とはいえ、マレー系の同僚によると、 結婚式を3回挙げるのは特に珍しくはない そうです。イスラムの儀式に則って家で開 かれるのが1回、新郎側の関係者を集めて 地域のホールでするのが1回、新婦側で もう1回挙げると、確かに3回になります。

私はまだこどもが小さいので、地域の ホールで開催する新婦側の式だけ参加しま した。大きいホールには溢れんばかりの大 勢の参加者! 「Banyak nya!(多っ!!)」。 一瞬、別のイベント会場と間違えたかと 思ったほどですが、会場の駐車場入り口 にはなぜか彼女のお父さんとお母さんの2 ショットのポスターが貼ってあるので、場 所は間違いないはず。それにしてもこのポ スター、緊張した面持ちの新婦の両親は ちょっとかわいいけど、まるでこの2人の 結婚式のようにしか見えません…。

ホールには招待状を見せて入るのかと 思いきや、何のチェックもなく、「赤の他 人でも入れるんじゃないの?」と思うほど 簡単でした。会場にはなぜかピエロがいて、 こどもたちに風船で動物とか花とかを作っ てくれます。そして、待つこと1時間。招 待状に書いてある時間から大幅に遅れて新 郎新婦が登場! ピエロがいなかったら、 こどもたちは暇をもてあましてぐずってい たかも。そこを見越してピエロを呼んでい たとしたら、すごい!

私は新婦さんと一緒に 写真をとって、お祝いも 言いたかったので、ずっ といろいろ食べながらそ のチャンスを待っていた けど、周りを見ていると、 ご飯だけちゃちゃっと食 べてさっさと帰っていく人がほとんど。た しかに席がまったく足りていないので、そ うしないとまわらないけど、日本の一般的 な結婚式とは雰囲気が全然違う! ロマン チックさや感動とはかけ離れてはいるけ ど、なかなかおもしろい結婚式でした。

おめでとう! お幸せに!

malayはみだしコラム同じような強調の単語に「la!」 があります。「nya」は「~だ なあ」とつぶやくような感じで、「la」は「~ だろ!」、「~でしょ!」と語気が強くなる気 がします。私はお店でおまけしてほしいときに 「Boleh la!(いいでしょ!)」と強引におねだり するので、「la」のほうがよく使うかな。

のっし

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る