2016年2月-ゴルフについて話そう!Vo.6

ゴルフの競い方、遊び方その2 ステーブルフォード

今回でもう6回目となるセニョ〜ムゴルフコラムですが、フィッティングやバランスコーチングの反響もおかげさまで上々です。最近日本人の方達のレッスン受講も増えてきました。ありがとうございます。皆様もぜひ、トロピカーナ・ドライビングレンジに遊びにきてください。マレーシアでのゴルフライフをもっともっと楽しいものにしていきましょう!さて、前回に引き続き、ゴルフにおける競い方(遊び方ともいえるかもしれません)について。前回は、もっともポピュラーな①ストロークプレイと、ホールごとに勝ち負けを決める②マッチプレイについてご説明しました。最後の3つ目は、ちょっと込み入った計算が必要ですが、慣れるととても楽しい方法です。

③ステーブルフォード

イギリス人がよくやるプレーですが、バーディは3点、パーは2点、ボギーは1点というようにポイントを加算していくゲームスタイルです。

例えば下のスコアでいくと、あなたはハンディキャップが28ありますので、インデックスが1〜10のホールは2打のハンディ、11〜18のホールは1打のハンディが与えられていることになります。したがって、一番ホールは6打ですがハンディがあるのでネットスコアは4でパー、ポイントは2点。2番ホールも6打、ハンディは2打なのでネットスコアは4、ポイントは2点。3番ホールは5打、ハンディは1打なのでネットスコアは4、パー3ですからボギーでポイントは1点、となります。

こちらもグロスのスコアでは相手には負けていますが、ポイントではあなたの勝ち! となるわけです。いかがでしょうか?ちょっと難しかったでしょうか? しかし慣れるとスゴく楽しいですよ!

golf

ゴルフにはまだまだたくさんの遊び方があります。ただし一番大事なことは、「自分に負けないこと」。自分のココロと向き合いながら、集中を切らさず、かつリラックスした状態で自分のプレーに向き合うこと。練習を積んで、自分のプレーを分析して研究し、場数を踏んで慣れるまでは難しいですが、それこそがゴルフの醍醐味じゃないかなと思います!さて、2016年も幕開けとなりました。ゴルフも心機一転!練習に、レッスンに、クラブの調整に、ぜひJNGゴルフ@トロピカーナをご利用ください!

 


mr.sasaki佐々木信也さん
JNGGolf共同経営者。マレーシア在
住暦2年半。ゴルフHDC16。
【JNG GOLF】1999年設立。トロピカー ナと同様にサウジャナGCにおいてもアカ デミー&フィッティング、Publika Ksアイ ランドにおいてもフィッティングを提供。 http://jnggolf.com/ FB: Tropicana Driving Range Operated by JNG Golf

golf2

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る