2017年11月- Masuk(入る、出席する)

Masuk(入る、出席する)

Masuk(マソッ)は「入る」、「出席する」という意味のマレー語です。部屋に入る、とか学校に入る(入学する)などに使うことができます。
Masuk Islamになるとイスラム教に入る、改宗することを意味します。私はもちろんダンナと結婚する際にイスラム教に入ったのですが、ダンナのママ、ダンナのお兄さんのお嫁さんも実は結婚を機にイスラム教に改宗した人たちです。2人ともサラワクの先住民族であるイバン族でもともとはキリスト教です。
マレーシアはイスラム教国ですが、州によって宗教色が強いところ、そうでないところがあります。どちらかというと後者のサラワク州で、しかもダンナの田舎は90%がイバン族。私みたいな存在にとって、とても居心地のいい村です。
先日ダンナのパパ、ママ、弟がKLに遊びにきました。「最近すごく白髪が増えたから黒じゃなくてこの色にしたのよ」、とママの髪はブロンドに染められていました。でもイスラム教ではマニキュアや普通の髪染めは禁止されているらしく、ちゃんと規律を守る人たちはヘナを使います。もちろんママはヒジャブ(イスラムの女性が髪の毛を隠すために頭に巻いてる布)もかぶっていません。
同じマンションでこどもたちと仲良くしてくれている小学生の女の子が、ママにあいさつをしたいと家を訪ねてきてくれました。サラワクの家よろしく、布切れ一枚を体に巻いて家の中でくつろいでいたママは焦る焦る。
「あ! 髪の毛、これはやばい」と言ってヒジャブを探し始めるものの、私も特別なときにしか巻かないからどこにしまっているかすぐに思い出せない。
「もうこれでいい!」と白い大きめのタオルを頭に巻いて出ようとするママ。布一枚巻いて、頭には白いタオル。どうみてもただのお風呂上がりのおばさんです…。
おかしいことに気付いたらしく、またあわてて戻ってきた。結局、手近なところにあった服に着替えて、私が急いで見つけたヒジャブでなんとなく髪の毛を隠して、「Sila masuk!(シラ マソッ=どうぞお入りください)」。
やれやれ、でもこんなちょっとゆるい感じの家族でよかった、とつくづく感じたのでした。

 

はみだしコラム

Pintu(ピントゥ)は扉で、Pintu masukとなると入り口に。反対の言葉はkeluar(クルアール)で出る。駐車場の中の出口を示す看板でおなじみです。でもなぜかマレーシアの駐車場は看板に従っても容易に出口にはたどりつけないんですよね、不思議だ…。

のっし

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る