2012年10月-Dr.江頭の生活習慣相談 (第2回)

 

相談者プロフィール

仮名:ガッツ山石
年齢:43歳
職業:自営業
身長:185cm
体重:94kg
持病:特になし
酒:飲まない
タバコ:1日2箱

《最近の悩み》
5年前から体重は右肩上がり。胃が大きくなってきたのか、腹いっぱい食べたと思ったのに、家に帰ったらお腹が空いて、夜の10時過ぎにマギーミーを作って食べることもある。食べすぎをどうコントロールしたらいいのでしょうか。満腹感を得られる食事法はあるのでしょうか。また最近、心臓が「キュ~ン」とハリで鋭く刺されたような痛みを感じる頻度が高くなった。これって、ヤバいんでしょうか?

《食習慣》
食事は100%外食。「宵越しの食べ物は残さない」主義なので、なるべく帰宅前にお菓子は買わないようにしている(買うと全部食べきってしまう)。
・朝食:ロティチャナイとテータレ
・昼食:中華系の麺類
・ティータイム:毎日ではないが、たまに商談しながらロティチャナイかトセイを食べることも。
・夕飯:中華レストランでのビジネスディナーが平均して週に数回。残りは友人たちと屋台や日本食レストラン、イタリアンなどで食事。

《睡眠》
深夜1時か2時ごろ床につき、朝8時起床する。

100%外食 食欲を抑えられない

この相談者はまるで現地で生まれ育った人みたいな食生活ですね。この方には摂取カロリーと体重の関係や適正な栄養バランスなどの基本的な栄養学、食事と高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病との関係、などの基本的知識が必要だと思います。この方の適正体重はBMI(BodyMassIndex)の適正値である22を基に計算すると約72kgで適正範囲は82kgまでとなり、現時点ですでに12kgオーバーしています。体重維持には1kg当たり一日35kカロリーぐらい必要だと考えると430kカロリーほど食べ過ぎていると考えられます。94kgの体重を維持するには一日3290kカロリー必要なので、このなかから430kカロリー即ち13%ほど食べるカロリー数を落とせばよいことになります。例えばロティチャナイは一枚約600kカロリーあるので、これを一日一枚減らしたとすれば十分おつりがきます。つまり、このような知識を得ると対策はおのずと明らかになると思います。食欲コントロールについてはカウンセリングが有効かもしれません。

次に相談者の症状ですが、狭心症などの心臓病が心配です。相談者の食生活だと高脂肪・高カロリー食なので高脂血症や糖尿病がある可能性が高く、さらに喫煙習慣が加わるため心臓の動脈硬化性疾患である狭心症が発症しやすい状況と思われます。通常、狭心症が発症するのは50代後半から60代が多いのですが、この相談者の場合43歳の若さでも狭心症が発症してもおかしくないと考えられます。

従って、食について勉強するとともに早めに病院へかかり検査を受けることをお勧めします。

江頭省吾

===================================================
*江頭先生に生活習慣相談してみませんか?
editor@senyumpress.comまでお送りください。===================================================

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る