Vol.2 31歳独身OL 初めての資産運用

okanenohanashi

海外生活を決断した木下さんが、人生で初めての資産運⽤を決 意! 連載を通じて、資産運用の知識ゼロの相談者が、クエス ターキャピタルの柏村さんに助けられながらその手段を学んでいきま す。第2回は「自己分析」について。資産運用の準備段階では、自分のことを見つめなおす必要があります。自己分析って、実は結構難し いものですが、いろんな気づきもあり、今よりもっと充実した人生を目指せるきっかけにもなり得ます。

木下:私みたいな普通のOLでも資産 運用ができるということはなんとなく理 解できたのですが、では具体的にまず何 をすればいいでしょう?

柏村:資産運用で何よりも大切なことは、 「自分を知ること」だと思います。

木下:自分を知るというと、つまり自己 分析ですね?

柏村:そうです。女性の生き方が多様化 し、選択肢も広がっている分、女性のほ うが育児、老後、介護、などに備えて考 える必要があるといえます。とはいえや みくもに不安に感じることのないよう、 きちんと自己分析して、人生のどの時期 にどれだけお金がかかるのか逆算するの が資産運用のファーストステップです。 例えば、現在結婚しているか? する予 定があるか? もし結婚していれば相手 の国籍は? 将来こどもが欲しいか?  学費をどれほどこどものために準備して あげたいか? 将来長期的に海外での居 住を希望しているか? 将来に向けどれ ほどの資産を形成しておきたいか? な ど身近なことから分析してみましょう。 そうするとおのずと何歳で定年を迎える か? 公的年金の受給開始年齢は? な ど先のことも見据えることができるよう になります。  その上で、資産運用がそもそも必要な のか? 必要であれば、運用のための時 間がどれくらいあるのか? などについ てアドバイスさせていただきます。

木下:自己分析って将来の深刻な問題に 向き合うという意味では逃げ出したくな ります(笑)。

「いつかは結婚したい。マレーシア人でもOK。こどもは…3人くらい?」。将来像を、柏村さんが質問形式で導き出してくれます。

「いつかは結婚したい。マレーシア人でもOK。こどもは…3人くらい?」。将来像を、柏村さんが質問形式で導き出してくれます。

 

柏村:気持ちは分かりますが、遅かれ早 かれ、いつかは向き合わないといけない のではないでしょうか? 状況を理解す るのが大切という意味では、医者が患者 を理解した上で、どの薬を飲んだらいい かを決めるのと似ていると思います。た だ、我々のようなアドバイザーにご相談 いただければ話し合いながら状況を明ら かにしていくことが可能です。そして最 終的に資産運用のアドバイスへ結び付け ます。例えば、月々の収入のうち将来の ための自己投資にまわせる割合はどれほ どか? 所有資産の通貨バランスは?  など。

木下:なるほど。自分のことを理解した 上で、柏村さんがどうしたらいいかコン サルティングしてくれて、その延長線上 で私に向いている資産運用プランを立て てくれるということですね!

柏村:コンサルティングっていうと何か 仰々しいですが、おっしゃる通りです。 なので、まずは質問をさせてもらうこと からですね!

相談を終えて・・・
自己分析は就職活動のと きも経験しましたが、海外で の生活を始め、気持ちも環境 も変わってきました。今回、 「なりたい自分」になるまで のストーリーを想定するこ とで、資産運用への意識が高 まってきました!(木下さん)

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る