Vol.5 31歳独身OL初めての資産運用 ⽶ドルを買うベスト タイミングとは?

okanenohanashi

海外⽣生活を始めた木下さんが、人生で初めての資産運⽤を決意。同連載を通じて、クエスターキャピタルの柏村さんに助けられながら資産運⽤について学んでいきます。前回は資産運⽤の際に⽶ドルを選ぶことの合理性について学びましたが、では実際に運⽤するとして、いつ⽶ドルを買えばいいのか、具体的に考えていきましょう。

木下:前回は、資産運用において日本円だけをもつことのリスクを軽減させるために、米ドルを一部所有することの合理性について学びました。ここで気になるのが、どのようなタイミングで米ドルを買い始めればいいのかということですが、どうなのでしょうか?

柏村:通貨を他の種類に置き換えるタイミングを見極めるのは、実は非常に難しいことなんですよ。

木下:どうしてですか?

柏村:例えば、円を売って米ドルを買う場合に、少しでも円が強くて米ドルが弱いタイミングの方がいいと考えますよね? 今(2015年6月8日時点)、この作業をすれば約1ドル=125円という為替レートに準じて通貨の買い替えがされるわけですが、かなり多くの方が、「いや、でも今は円安なんだし買い替えはしないほうがいいのではないか?」と思われるはずです。ほんの数年前に1ドル=80円程度を経験しているわけですから、そういう感覚をもって当たり前かもしれません。

木下:はい。そういわれると、今すぐ円を売って米ドルを買うことは、損な気もしてきます。

柏村:至って普通の感覚だと思いますが、一方でこのような可能性があります。実は現在が、対ドルで円が一番強いという可能性、つまり中・長期的に円安トレンドがだらだら続くということもあるかもしれません。もし、それが起こったとしたら、将来になって振り返った時に、「あの時に円を売って米ドルに買い換えておけばよかった!」というようなジレンマが起こるわけです。

木下:たしかにそういわれると、今行動した方がいい気もするし、しないほうがいい気もするし、いつ決心すればいいのか私には決められないかも……。

柏村:木下さんだけでなく、ほぼすべての人が同じ感覚をもつはずです。ちなみに私もこのタイミングだ! なんて分かりません。不可能なんですよ、正しいタイミングを計るということは。だからといって、何も方法論がないわけではありません。「時間分散」という考え方を用います。2つ以上の通貨をもとうとしている人に非常に有効な方法で、通貨分散を希望している人にはぴったりです。この「時間分散」の詳しい説明は次回させていただきますね。

今、資産形成に関して考えることで、将来のリスクを軽減させることができるのではないでしょうか。(柏村さん)

今、資産形成に関して考えることで、将来のリスクを軽減させることができるのではないでしょうか。(柏村さん)

相談を終えて…

外貨なんて、海外旅行に行くとき以外には買う必要もなかったので、いざ買うとなると、いつ、どうやって買えばいいのか…。難しいことのように聞こえますが、柏村さんの説明はとても分かりやすいので、興味のある方は相談してみてはいかがでしょう。(木下さん)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る