2020年1月-国立博物館(98)

  • 2020/1/1
  • 2020年1月-国立博物館(98) はコメントを受け付けていません

1963年1月20日 インドネシアが「コンフロンタシ(対決)」政策発表

1957年に英国から独立したマラヤ連邦と、英国直轄地のシンガポール、北ボルネオ(現在のサバ州)、サラワク、そして英国の保護下にあったブルネイとの合併案を1961年5月に当時のラーマン首相が発表したことは2019年5月号「マレーシアの出発点」でも取り上げましたが、その発表時、隣国インドネシアはこの案に反対意見を表明しませんでした。 しかし1962年12月にマレーシア加盟に反対するブルネイ独立派による武装蜂起が起こり、ブルネイ政府の要請により介入したシンガポール駐留の英国軍がこれをわずか10日ほどで鎮圧すると、英国がマレーシア成立後も国内に複数の基地を維持することを自国への脅威と感じたインドネシアは、マレーシア政府を英国の傀儡(かいらい)、マレーシア成立を新たな植民地主義であると非難し、「コンフロンタシ」政策を発表してマレーシアとの対立姿勢を鮮明にしました。

MUZIUM NEGARA
Jalan Damansara, 50566 KL Tel: 03-2267 1111 /2282 6255  開館時間: 午前9時~午後6時
www.muziumnegara.gov.my

無料日本語ガイドツアー
マレーシアの歴史、文化、産業などがよく分かる博物館ボランティアによる無料日本語ガイドツアーに参加しませんか?
時間:毎週月火木金土 午前10時から1時間程度
集合場所:国立博物館ロビー
連絡先:mvmjapanese@yahoo.com ※事前予約不要

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る