2021年1月-国立博物館

こくりつはくぶつかん / まらやだいがく

国立博物館 / マラヤ大学

新型コロナウィルスの影響で、筑波大学のマレーシア・キャンパス設立が2023年へとずれ込むことが発表されました。同大学マレーシア・キャンパスは、マラヤ大学の大学施設内で開講することになっていますが、今回はこのマラヤ大学を紹介します。エドワード7世医学カレッジとラッフルズ・カレッジが1949年に統合され、当初マラヤ大学はシンガポールに設立されました。その後1957年にはマラヤ大学KLキャンパスが開校し、1962年にはこれがマラヤ大学に、そしてシンガポールキャンパスは 現在のシンガポール国立大学となりました。なお前身のエドワード7世医学カレッジではマハティール前首相と後に夫人となるシティ・ハスマ氏がともに学んだことは有名ですが、このほかムヒディン・ヤシン現首相や野党第1党PKRのアンワル・イブラヒム党首も国内のトップ大学であるマラヤ大学の卒業生です。

現在、国立博物館は開館していますが、日本語ボランティアガイドツアーは休止中ですので、あらかじめご了承ください。

開館日 :火曜日から日曜日(月曜日休館) 開館時間 :午前9時より午後5時

MUZIUM NEGARA

Jalan Damansara, 50566 KL
Tel: 03-2267 1111/2282 6255
Website:www.muziumnegara.gov.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る