2021年3月-国立博物館

こくりつはくぶつかん

国立博物館

特別展示「黄金の力」展

国立博物館横のギャラリー1では特別展示「黄金の力」展が6月21日まで開催されています。古くは紀元前3000年頃の古代エジプトのツタンカーメンのマスクでも知られる黄金ですが、マレー半島では2000年前には既に金の採掘が始まっていたとされています。東南アジア全域で知られているラーマーヤナには当時のマレー半島を指すとされる「黄金の土地」という記述があるほか、2世紀頃のギリシャの学者であるプトレマイオスの著書「地理学」にもマレー半島を指すとされる「黄金半島」という記述があります。今回の展示ではマレー文化における黄金に関する展示物を中心に、装飾品はもちろん日用品や武器などにも見られる黄金を紹介しています。なお現在、マレーシア国立博物館は毎月第1月曜日を除く毎日開館中です。

現在、国立博物館は開館していますが、日本語ボランティアガイドツアーは休止中ですので、あらかじめご了承ください。

開館日 :火曜日から日曜日(月曜日休館) 開館時間 :午前9時より午後5時

MUZIUM NEGARA

Jalan Damansara, 50566 KL
Tel: 03-2267 1111/2282 6255
Website:www.muziumnegara.gov.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る