2021年5月-国立博物館

こくりつはくぶつかん

国立博物館

マレーシアの鉄道(2)

1885年のタイピン・ポートウェルド間開通の翌年には、クアラルンプール・ポートスウェッテナム(現ポートクラン)間、さらに1891年にはヌグリスンビランのスレンバン・ポートディクソン間、ペラのトゥルッアンソン(現トゥルッインタン)・タパーロード間と港湾と都市部を繋ぐ路線が続々と開通しましたが、当時はスズなど貨物輸送のみの運用でした。しかし1896年に連合マレー諸州鉄道会社が設立され、これら4線が一括管理されるようになると同時に、各線に客車が導入されて旅客輸送が始まりました。その後は1923年のコーズウェイ完成によりジョホールバル・シンガポール間が開通、そして1935年にはクダからシンガポールまでを繋ぐ西海岸線が開通しました。

現在、国立博物館は開館していますが、日本語ボランティアガイドツアーは休止中ですので、あらかじめご了承ください。

開館日 :火曜日から日曜日(月曜日休館) 開館時間 :午前9時より午後5時

MUZIUM NEGARA

Jalan Damansara, 50566 KL
Tel: 03-2267 1111/2282 6255
Website:www.muziumnegara.gov.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る