2021年9月-国立博物館

こくりつはくぶつかん

国立博物館

クリリエン

 前回は建物の外観についてご紹介しましたので、今回はその中を見てみましょう。高さおよそ2.5メートルの高床式の建物に入るために階段を昇ると、来客を迎え入れるベランダがあります。そこを通って建物に入ると、中は客間(Serambi)、居間兼主寝室(Rumah Ibu)、台所兼食堂(Dapor)の3つの部屋に分かれていますが、これは典型的なマレー家屋のデザインです。  それぞれの部屋の中にはマレー文化の伝統的工芸品が所狭しと飾られていますが、その中でも金色の糸を使って刺繍(Tekat)を施したベッドカバーや、嗜好品のびんろうを噛むための道具が入った真鍮(しんちゅう)製の道具箱、そして床に敷かれた伝統的工芸品の敷物などが目を引きます。

MCOの間は休館となります。またMCO解除後に再開となっても、ガイドツアーを中止とする場合があります。あらかじめめご了承ください。

開館日 :火曜日から日曜日(月曜日休館) 開館時間 :午前9時より午後5時

MUZIUM NEGARA

Jalan Damansara, 50566 KL
Tel: 03-2267 1111/2282 6255
Website:www.muziumnegara.gov.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る