2012年1月-MPO情報

  • 2012/1/4
  • 2012年1月-MPO情報 はコメントを受け付けていません

“Hearthenyouwillsee” 30

新年はMPOの「ニューイヤーコンサート」で  お祝いしてはいかがでしょう 

 在馬日本人の皆様におかれましては、どのような新年をお迎えでいらっしゃるでしょうか。昨年は何しろ大変な一年でしたね。東日本大震災は、それを境に世の中が全く変わってしまうような出来事でしたし、原発の問題といったらこの先収束まで一体何年かかるのか見当もつかないような重大さです。未だに「新年おめでとう」と言う気持ちになれないという方もいらっしゃることと拝察いたします。せめて2012年が少しでも心安らぐ年になるよう祈らずにはおれません。

 さて、MPOは新年7、8日のニューイヤーコンサートでお正月をお祝いします。本家ウィーンの楽友協会大ホール、通称「黄金のホール」でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏で毎年元旦に行われるニューイヤーコンサートは、まず間違いなく世界で最も有名なクラシックの演奏会といえるでしょう。日本をはじめ世界46ヵ国以上のテレビで生中継され、数百万人がその中継を観ているといわれていますが、実際の切符を手に入れるのは至難の業です(日本の旅行代理店が行うパッケージツアーに参加すれば別ですが)。

 普段はウィーンフィルの団員に正規に習っている学生であれば、ウィーンフィルのリハーサルをいつでも見学することが出来るのですが、このニューイヤーコンサートだけは別で、たとえその年のコンサートマスターの弟子であっても入れてくれません。そんな訳で、大多数のウィーン市民にとっては、大晦日の午後フォルクスオパーと夜の国立歌劇場でJ.シュトラウス2世の歌劇「こうもり」をハシゴし、元日のニューイヤーコンサートはおうちのテレビでぬくぬくゆっくり観るか、ちょっと物好きであれば旧市庁舎前の大スクリーンでグリューヴァイン(スパイス入りの温かいワイン)でも飲みながら、というのが定番の年越しです。

 それからこれは旧正月明けの話になるのですが、2月4日、5日に今シーズン二つ目のPopsシリーズ「ロマンティック・ハリウッド」があります。指揮のリチャード・カウフマンは永年ハリウッドの映画音楽をはじめとする全米の様々なジャンルでの音楽シーンで活躍していて、MPOとは09年3月の初客演以来4度目になります。毎回大好評で早いうちに完売になることも多いこのカウフマンとのコンサート、少し早めにご案内しておきますね。映画ファンの皆様、お見逃しなきよう。

猪本桃子

MPO 1月のスケジュール


MPO 特別公演「ウィーンの新年」

1月7日(土)午後8時30 分開演、8日(日)午後3時開演 クリスティ アン・シュルツ(指揮) 曲にあわせて自然に手足が拍子を取り出すような、 そんな楽しいオーストリアの首都の初春にDFP がそのまま連れて行かれ るようです。お馴染みのシュトラウス一家に加えて、彼らほど知られては いないものの同じく素敵な同時代の作曲家の作品で、素晴らしい新年のお 祝いとなるでしょう。

入場料:RM150/RM110/RM70/RM40


■DFP 特別公演「ヴェネツィアの悪夢 – バロックの幻想」

1月9日(月)午後8時30 分開演 Red Priest ヴィヴァルディ、タ ルティーニ、グルック、バッハ、それに独自のアレンジによるコレルリ。 Red Priest はその音楽性とショーマンシップ両方の高さによってローリン グ・ストーンズやマルクス兄弟やシルク・ドゥ・ソレイユに例えられる、 古楽のグループとしては殆ど唯一の存在です。

入場料: RM138/RM98/RM68/RM38


■MPO Happy Hour

1 月11 日(水)午後6時30 分開演 毎月第一水曜日はMPO Happy Hour で夕方のラッシュをかわしましょう。MPO 団員有志が自分の得意 分野でパフォーマンスを行うのですが、何と「但しまじめなクラシック音 楽を除く」というとんでもない条件がついています。今回はMPO コント ラバス奏者ラファエルが、普段オーケストラの中で余り目立たないコント ラバスという楽器をご紹介します。即興や電子音楽等を通じて未知の世界 へご案内します。

入場料:全席RM30 均一


■Family Fun Day「 音楽の中のおとぎ話」

1 月14 日(土)午後3時開演、15 日(日)午後2時30 分・午後4時 30 分開演 メルヴィン・ティックス(指揮と道化) コンサートホール、 バレエの舞台、オペラハウスと様々なところから音楽によって語られる物 語。音楽道化のメルヴィン・ティックスが鮮明な音楽的映像によって皆さ んの想像力を掻き立て、笑いを巻き起こします。

入場料:RM80/RM60/RM40/RM20


■Legacy(MPO メインシリーズ)「オルガンvs オーケストラ」

1月28 日(土)午後8時30 分開演、29 日(日)午後3時開演 クラウス・ ペーター・フロール(指揮) バッハ:(オルガンと管弦楽用編曲) サン= サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 。

入場料:RM120/RM90/RM60/RM30


MPO 室内楽シリーズ

1月31 日(水)午後6時30 分開演 ヴィラ=ロボス:ショーロス第4 番 ホフマン:三つのオレンジ ミヨー:フルート、オーボエ、クラリネッ ト、ピアノのためのソナタ ラヴェル:ピアノ三重奏曲イ短調 。

入場料:全席RM20 均一


Pops「ロマンティック・ハリウッド」

2月4日(土)午後8時30 分開演、5日(日)午後3時開演  「アウト・オブ・ アフリカ」「風と共に去りぬ」「ドクトル・ジバゴ」「ローラ」…。これらの 古典的な名作映画に共通しているのは、美しい旋律と涙腺を刺激するメロ ディ。ハリウッドが誇るロマンティックな情熱をたっぷりお楽しみ下さい。

入場料:RM150/RM110/RM70/RM40


<学生券について>

学生・生徒の方は、座席クラスに拘らずMPOの演奏会はRM15、外部団体の演奏会はRM30でお聴きいただけます。(室内楽シリーズ、FmamilyFunDay、MPOHappyHour、MPO特別企画を除く)切符購入と入場の際の2回、写真付きの学生証(小学生の方はパスポートのコピーでも)をご提示下さい。

・電話でのお問い合わせ・ご予約:BoxOffice03-20517007まで。

・MPOウェブサイト:www.malaysianphilharmonic.com

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る