2012年3月-MPO情報

  • 2012/3/11
  • 2012年3月-MPO情報 はコメントを受け付けていません。

“Hearthenyouwillsee” 32

MPO特別講演ビートルズ特集「ビートルズへ捧ぐ」 

 3月後半はクラシック以外の演奏会が2週続けて入っています。23、24日は、50年後の今も全世界の老若男女に愛され続ける伝説のロックバンド「ビートルズ」の特集です。その音楽のみならずファッションや行動様式までも、特に当時の若い世代に強い影響を与えたビートルズは、それを受け入れられない旧世代との衝突を巻き起こしました。ギネスブックが認定する「最も成功したグループアーティスト」だけあって英国の外貨獲得に多大な貢献をしたとして1965年に女王エリザベス2世から勲章を授けられたのに対し、それに対する抗議として853個もの勲章が返却されたのはその一例です。また、ソビエト連邦をはじめとする社会主義国家は、ビートルズに代表されるロック音楽を資本主義陣営からの精神汚染として禁止していましたし、66年の日本公演の時の騒動を覚えていらっしゃる方も多いでしょう。とにかく世界規模で計りしれない影響を与えた「社会現象」であったようです。 

 ところで、下のスケジュール欄にもある通り、ビートルズのベーシスト、ポール・マッカートニーは左利きで、左利き用ギターがトレードマークになっています。普通のギターとは反対に、右手で弦を押さえて左手で弦を弾くようにするため、向かって一番左が一番高い弦、右にいくに従って弦が低くなるよう逆に張ってあり、それに伴ってブリッジ(駒)やナット等の部品も左利き専用のものが付けられます。ゴルフクラブと同じで左利き用は売れる数が少ないために高価で、また教則本もすべて右利き用に書かれているので習得するのも一苦労なため、左利き用ギターが、それを使っていたポール、ひいてはビートルズのトレードマークとなり得たのです。

 さて、それではヴァイオリンはどうでしょう? ごく少数、交響楽団のコンサートマスターが事故で左手の指を2本失った後、ヴァイオリンを右手に弓を左手に持てるように改造して練習した結果演奏家として見事復活した、という事例を除いて、左利きであってもヴァイオリンは左手で弦を押さえて右手に持った弓で弾きます。これはどういうことかといいますと、弦を押さえる手の動きは練習を積めば速さや正確さが向上しやすいのに比べて、実際に音を作り出すのは結局のところ弓であり、美しく表情豊かで多彩な音を弓という道具を操る手のほうがずっと繊細なコントロールを必要とするためです。というわけでこの機会に「よくある質問:ギターと同じように、ヴァイオリンにも左利き用がありますか?」にお答えしておきましょう。「答え:ありません。」

猪本桃子

MPO 3月のスケジュール


Family Fun Day「赤ずきんちゃん」

3月3日(土)午後3時開演、4日(日)午後2時30 分・午後4時30 分開演 チャールズ・ヘイズルウッド(指揮) ジェットコースターに乗っ ているようなスリルと迫力満点のアメリカ音楽を、グリム兄弟の最も有名 なおとぎ話とともにお送りします。

入場料:RM80/RM60/RM40/RM20


■「ベートーヴェンのソロ協奏曲」シリーズ

3 月10 日(土)午後8時30 分開演、11 日(日)午後3時開演 クラウス・ ペーター・フロール(指揮) ロナルド・ブラウティガム(ピアノ独奏) ベー トーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」 ブラームス:交響曲第4番

入場料:RM150/RM110/RM70/RM40


■Legacy(MPO メインシリーズ)

3月17 日(土)午後8時30 分開演、18 日(日)午後3時開演 クラウス・ ペーター・フロール(指揮) ダニエル・ミュラー=ショット(チェロ独奏) ヴォーン=ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲エルガー: チェロ協奏曲 エルガー:エニグマ変奏曲

入場料:RM120/RM90/RM60/RM30


■MPO室内楽シリーズ

3月20 日(火)午後6時30 分開演 バッハ:チェロ組曲第3番 ボッ ケリーニ:五重奏曲第4番「ファンダンゴ」 パガニーニ:チェロとコン トラバスのための幻想曲 ムソルグスキー:展覧会の絵

入場料:全席RM20


■MPO 特別公演「ビートルズへ捧ぐ」

3月23・24 日(金・土)午後8時30 分開演、25 日(日)午後3時開 演 マーク・フィッツジェラルド(指揮) あのリバプールの四人組が活 躍 Swinging Sixties(スウィングの60 年代)に戻って、ジョン、ポール、 ジョージ、リンゴと化したMPO と共にマッシュルームカットと左利き用 ギターの時代を再体験しましょう。メモリー(あるいはペイン?)・レイ ンをたどって…。

入場料:RM150/RM110/RM70/RM40


■MPO Happy Hour “Hip Hop in DFP”

3 月28 日(水)午後6時30 分開演 毎月どれか一回の水曜日はMPO Happy Hour で夕方のラッシュをかわしましょう。MPO 団員有志が自分 の得意分野でパフォーマンスを行うのですが、何と「ただしまじめなク ラシック音楽を除く」というとんでもない条件がついています。今回は MPO 副首席トロンボーン奏者マルケスが、マレーシアのあちこちのスト リートで行われているヒップホップをご紹介します。

入場料:全席RM30


Pops “Oscar Winners”

3 月31 日(土)午後8時30 分開演、4月1日(日)午後3時開演 マーク・ フィッツジェラルド(指揮) ガーシュイン「パリのアメリカ人」(1951) から「真昼の決闘」「ライムライト」「ジョーズ」を経て「モンスターズ. イ ンク(2001)」まで、名誉あるオスカー賞を受賞した映画音楽の数々をご 堪能下さい。

入場料:RM150/RM110/RM70/RM40


<学生券について>

学生・生徒の方は、座席クラスに拘らずMPOの演奏会はRM15、外部団体の演奏会はRM30でお聴きいただけます。(室内楽シリーズ、FmamilyFunDay、MPOHappyHour、MPO特別企画を除く)切符購入と入場の際の2回、写真付きの学生証(小学生の方はパスポートのコピーでも)をご提示下さい。

・電話でのお問い合わせ・ご予約:BoxOffice03-20517007まで。

・MPOウェブサイト:www.malaysianphilharmonic.com

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る