Garden International School

こどもたち一人ひとりの個性に合った
EYCのフレキシブルな入園体制

ガーデン・インターナショナル校(GIS)は1951年の創立以来、ユニークでイノベーティブな教育を展開し、こどもたちへの「総合的な学び」をサポートしています。
ここではGIS幼稚部に当たるEarly Years Centre(EYC)のユニークな入園体制をご紹介しましょう。
EYCのユニークな入園体制とは、こども一人ひとりの個性や体調に合わせた「フレキシブルな」入園のこと。週5日で午前8時半から午後12時半までの「フルタイム」のほかに、①週5日で午前8時半から10時半までと、②週3日(月・水・金)で午前8時半から午後1時20分までの、2種類の「パートタイム」から入園スタイルを選ぶことができます。
「こどもの成長初期における教育は、未来を生きる基礎を築くためにあります。近年の研究によると、人間の脳細胞の大部分が発達し、学習を受け入れる最適な時期が、生まれてから4歳までの期間であることが分かってきました。
EYCで学ぶこどもたちは、一人ひとりの個性に合わせた学習環境のなかで教育を受けるので、次のステージである小学校へスムーズに移行できます。保護者の方にとっては、GISの『オープンな教育方針』のもと、お子さまの学習環境をいつでもご覧いただけるほか、担任とも必要なときにいつでも面談できます」(GIS)。
人にはそれぞれ違った個性があるもの。大人になればある程度、新しい環境にも適応できますが、幼児期のこどもとなるとそう簡単にはいきません。「家族」中心の環境からいろんな人たちと交わる「社会」への第一歩、EYCのフレキシブルな入園体制なら、お子さまの個性に合わせた最適な学習環境を選ぶことができるので安心です。

 


 

Garden International School

メインキャンパスンパス】16, Jalan Kiara 3, Off Jalan Bukit Kiara, 50480 KL
【EYC】1, Jalan 41/70A, Desa Sri Hartamas, 50480 KL
03-6209 6888
www.gardenschool.edu.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る