NEXUS INTERNATIONAL SCHOOL

ネクサスで多様な価値観を学びながら
集中的に英語力をつけるプログラム

2008年に開校したネクサスインターナショナルスクール(以下、ネクサス)。現在、30ヵ国から約600名の生徒が在籍しています。ネクサスは、多様な価値観や知性を育むことができるとして、米アップル社の*ADS(Apple Distinguished School)の認定校です。今回はネクサスの集中英語プログラム(IEP)についてご紹介します。
①集中英語プログラム(IEP):はじめて英語を学ぶ、もしくは第二言語として英語を学ぶ生徒に対して、アカデミックな英語力だけではなく、日常のなかでも必要な英語力を育むようカリキュラムが組まれたもの。このプログラムでは、週に15時間の英語の授業を行うことにより、生徒の読み書き、リスニング、会話のスキルを伸ばします。
②ネクサス流の授業:ネクサスの授業は、さまざまなアクティビティを通じ、多様な文化のなかで英語力を育むことができるのも特徴。例えば、読解力を高める場合は読書の楽しさ、大切さに焦点を当てて授業を行います。そうすることで生徒がリラックスした状態のなかで学習ができるといいます。このような取り組みにより、自然とボキャブラリーも育まれていきます。これがネクサス流の授業であり、高い教育レベルを育む秘訣です。
③継続的な授業が英語力を伸ばす鍵:集中的に、そして継続的に授業を行うことも、ネクサス流の英語力を伸ばす際の重要なポイント。それは、先生が生徒の学習の進み具合を逐一確認し、コミュニケーションをとることができるからだそう。また3年生以降の授業では、先生が一人に対して生徒10人という少人数制なので、一人ひとりに合わせた学習に徹底することができるのです。

*ADSとは、アップル社の基準(ビジョナリーリーダーシップ、教育指導、革新性、教育成果、柔軟な学習環境など)を満たした学校を選定するプログラム。ネクサスは、2015年4月に認定を受けた学校です。

 


Nexus International School

U1, Jalan Diplomatik 3/6, Presint 15, 62050 Putrajaya
03-8889 3868
www.nexus.edu.my

2018/08/28 | カテゴリー:Senyum Review

このページの先頭へ