馬来西亜的中華料理 part2
  • 羊城海鮮店 Restoran Chef Low

    羊城海鮮店 Restoran Chef Low
    • 羊城海鮮店 Restoran Chef Low

    デイリーで通いたくなる! バンサーの「ご近所中華料理店」

    店の外観は、日本でいうところの街の中華料理屋。アカ抜けなくて、グルメ利きのカンをもスルーする店ですが、食べてびっくり!
    真っ赤なTシャツを着た茶ニーズのアンクル(店員)に勧められて注文したのは、土鍋入りの「招聘米粉湯」。高級魚・ガルーパのフィレにエビ、アサリ、自家製ポークボール、カイラン、のりなど具だくさんのクリアスープ麺。200は優に超えるメニュー、何を食べるべきか迷ったら、アンクルに聞けば間違いなし!ご近所の常連客から40年近くも愛され続けてきた広東料理店、一押しです。

    No.4, Lolong Ara Kiri 3, Lucky Garden, Bangsar,59100 KL
    電話:03-2095-2766
    11:45am - 2:30pm、5:45pm - 11:30pm
    FB: Chef Low Restaurant

  • Unique Seafood

    Unique Seafood
    • Unique Seafood
    • Unique Seafood

    巨大ないけすから新鮮な海の幸。種類豊富な点心は月~土曜日まで驚愕の半額!
    20,000sqftに及ぶ店内には、まるで水族館のような巨大いけすが!潮の香りを感じながら、活きのいいシーフードをチョイス。上品でオーセンティックな広東スタイルで味わうもよし、同店ならではの独創的な調理法で堪能するもよし、鮮度を活かしてシンプルに刺身もいいですね。肉厚なインドネシア産のカニを使用した「チリクラブ」は、硬いハサミ部分に切れ目が入っているのでとっても食べやすい!ピリッとチリバディのアクセントが効いたソースを、サクサクのパンにたっぷりとつけていただきましょう。新鮮でプリプリの触感が小気味いい、食べ応え満点のタイガープロウンはガーリックが香るコクのあるチーズソースとの相性が抜群です。 溢れ出すチキンスープが絶品の小籠包、弾力のあるエビが豪快にたっぷりと入ったエビ餃子、ホタテが鎮座する餃子など、贅沢尽くしの点心は、ユニークシーフードが誇るもう一つの看板メニューです。サクッと揚がったエビフライを丸ごと包んだ腸紛(チョンファン)は、他では味わうことのできない、Must Tryの逸品! 月~土曜日は点心全メニューがなんと半額!日曜祝日も30%引きと超特価なのも嬉しい限りです。 ユニークシーフードを語るに外せないのはサービスの徹底ぶり。スタッフの対応がとっても丁寧。料理の説明が上手なこと、取り分けはもちろん、お皿をこまめに取り換えてくれたりと気配り上手。個室や1,000人収容可能な宴会場、カラオケルームも完備しています。日本人はもちろん、ポークフリーなのでローカルのゲストのおもてなしにも最適です。

    【PJ23店】
    Lot 9B-3, Jalan Kemajuan, Section 13, 46200 PJ
    電話:03-7960-2088 / 03-7960-2066 / 016-210-4266
    11:30am - 2:30pm、6pm - 10:30pm
    Mail : info@unique-seafood.com.my (予約)
    FB : Unique Seafood Group
    Web : www.uniqe-seafood.com.my

  • 御 Yu

    御 Yu
    • 御 Yu

    巧緻を極めた点心。煌びやかなモダンチャイニーズへようこそ!
    バンサーショッピングセンターの5階にあるモダンチャイニーズレストラン「Ruyi」をご存じですか?国内最小、そのプレゼンテーションは小さな握り寿司のような、「Ruyi's Sushi」は、一口で食べられるナシレマッ、チキンライス、マンゴースティッキーライス。あまりのかわいらしさに一躍話題となった逸品です。そんなRuyiがプロデュースする点心レストラン「Yu」は、豪華絢爛でスタイリッシュな店内にバーがあるほか、16人まで収容できる個室もあり。味はもちろんのこと、食べるのがもったいないほどのカワイイ点心の数々に思わずため息。

    G-243, Riverview Entrance The Garden Mall, Mid Valley City, 59200 KL
    電話:03-2202-2602
    11am - 4pm、6pm - 10:30pm
    FB : yubyruyi

  • 海世界 Seafood World

    海世界 Seafood World
    • 海世界 Seafood World

    広東料理の奥義に忠実ながらも、斬新な海鮮料理がここにあり!
    洗練された上品な広東料理と、意表をつく創作料理で世界の中華料理界に新風を吹き込む「オリエンタルグループ」唯一のシーフード専門店「Seafood World 海世界」、33年の経験をもち、世界各国でさまざまな受賞歴をもつ料理人ジャスティン・ホー氏は、2000年、オリエンタルグループのエグゼクティブシェフに就任しました。水槽から取り出したばかりの新鮮なシーフードは、たちまち独創的かつ一度食べたら忘れられないホー氏考案の料理に大変身!フランスパンに豪快に乗ったチリクラブは、パリッと香ばしいハード系パンとよく合います。

    Lot No. PG-O1B & PG-D, Ground Floor, Plaza 33,
    No. 1 Jalan Kemajuan, Seksyen 13, 46200 PJ
    電話:03-7931-8633
    11am - 3pm、6pm - 11pm
    Web: www.orientalrestaurants.com.my
    FB : seafoodworldmy

  • 新翠圓酒家 Restran Sun Chui Yuen

    新翠圓酒家 Restran Sun Chui Yuen
    • 新翠圓酒家 Restran Sun Chui Yuen

    アロー通りで創業48年、日本人駐在員ご用達の中華レストラン

    今やすっかり「KLのフードストリート」として観光名所になったアロー通り。そのど真ん中にあるのが半世紀の歴史を誇る同店。アロー通りで一番古い中華料理店です。包(パオ)の行商から始まって、連日200mの列をなす経済飯の人気屋台に成長し、今の店舗で開業。「うちの味が忘れられないと、帰国後に来訪してくれる元駐在員が多い」(3代目のディッキーさん)、そんな来訪者の期待を裏切らない同店のモットーは、「可能な限り自家製の調味料を使うことと、創業から働いてきたシェフがキッチンを仕切ること」。その心意気に脱帽!

    No.43, Jalan Alor, 50200 KL
    電話:03-2144-4290 / 011-5916-1889
    11am - 2:30pm、5pm - 12midnight
    Web: www.sunchuyuen.com
    FB: sunchuiyuen

  • Pang's Kitchen KL  彭慶記食家

    Pang's Kitchen KL  彭慶記食家
    • Pang's Kitchen KL  彭慶記食家
    • Pang's Kitchen KL  彭慶記食家

    タマンデサにある、香港発ミシュラン星付き中華レストラン

    タマンデサの住宅地に囲まれた商店街(日本人バンドがたまにライブを開催している「スターカフェ」にほど近い、と言ったほうが分かりやすいかもしれません)にある「パンズキッチン」は、香港の高級住宅街・ハッピーバレーで家族経営する小さなレストランの海外一号店です。本店は家族経営ながら2014年から今年まで、6年連続でミシュラン一つ星を獲得、100席しかない店内はいつもお客で溢れ、店の外は長蛇の列をなす人気店なのだそうです。 ここタマンデサ店がオープンしたのは4年前、商店街の真ん中にあるビルの1階に入っています。店内は開放感のある高い天井とパステルブルーの壁が特長で、中華レストラン定番の円卓さえなければ、おしゃれなカフェレストランを思わせる、カジュアルで明るい雰囲気を漂わせています。 パンズキッチンは広東料理でも、「レストランメニューではなく、香港の家庭料理のメニュー」を提供するレストラン。ここが広東料理店と違う点で、ほかでは味わえない家庭的な料理が楽しめます。例えば、私たち日本人にとっては中華料理の定番「酢豚」。パンズキッチンでは酸味を出すパイナップルの代わりにストロベリーと山査子(サンザシ)を使い、甘さは白砂糖の代わりにキビ砂糖を使う。まさに、家族の健康を願ってつくられた家庭料理ですよね! 科学調味料を使わないのはもちろん、オイルと塩分も控えめな、身体に優しい香港家庭料理の数々を、ぜひお試しください。

    Wisma Miramas, No.1, Jalan 2/109E, Taman Desa, Jalan Klang Lama, 58100 KL
    電話:03-7971-2748 / 019-833-3360
    12noon - 3pm、6pm-11pm 火曜定休
    FB: Pang's Kitchen at Voizsup

アーカイブ

ページ上部へ戻る