素敵なカフェを探せ! プロジェクト 第9回 Fancy Breakfast Club

Ora2は、素敵な笑顔のあなたを応援します!
素敵なカフェを探せ!プロジェクト

Fancy Breakfast Club

 

ここ、実は1年以上も前から気になっていました。というのも、その何だか奇妙なネーミングから、カフェなのか、クラブなのかが分からない。しかもお店が2階にあるもんだから外から覗くこともできない。でもカフェじゃないでしょ。だってF&B激戦区のバンサーバルで、ショップハウスの2階にオープンするわけないし…。じゃあ、クラブ?ファンシーな朝食? な~んて勝手に想像を膨らませながら1年経っちゃいましたが、この度、意を決して行ってきました(というか、たまたま階段を上がっていく笑顔の素敵なマレー系の女の子たちがいたから、後をついていっただけ)。
結果は「カフェ」でした。が、目の前に広がる風景は、一人で、あるいは少人数でテーブルを囲むといった、カフェによくある「ほっこり」スタイルとは違って、長テーブルが四つ、ポツ~ンと置かれただけの、良くいえばギャラリー風の、なんとも殺風景なお店です。しかし、よくよく観察してみると、その長テーブルにはメニュー代わりのプレースマットとカトラリーが整然と並べられていて、プレースマットの間々にはちっちゃなドライフラワーがアクセントとして置かれていたり、粋でかわいいテーブルセッティングにびっくり。まるで、どこかのパーティーにお呼ばれしたかのような感じです。
「この場所に移ったのは一昨年末でしたが、なかなかコンセプトが決まらなくて半年ほど休業。再スタートしたのが昨年の9月です」と、オーナーのファリスさん。バンサーバルに店舗を構える前は、同じバンサー地区のテラスハウスで1年間、「ゲリラ・ダイニング」をしていたんだそう。ゲリラ・ダイニングとは、イベント+食事をSNSを使って「ゲリラ的」に仕掛け、客を誘うレストラン。「外見は家、でも実はレストラン」の、まさに隠れ家レストランで、多くの常連をつくってきたものの、いろんな規制から移転したらしい。
ここでは「一杯のコーヒーで寛ぐ」ではなく、ほかでは味わえない「遊び心溢れるファンシーなマレーフュージョン料理を食べる」目的で来店ください。正直、ファリスさんからお店自慢のメニューを聞くとどれも試してみたい衝動にかられたほど。
「おいしい料理を仲間とシェアして食べられたら楽しいし、見も知らない隣の客と食を通じて仲良くなれたら面白くないですか」と、ファリスさん。そう、ここの料理は量が半端ないです。基本はお二人様以上で料理をシェアする、とはいえ、お一人様用の量の料理もあるのでご安心を。


 

❶前テナントがブティックで、壁を白く塗り直す以外はほとんど手直ししなかったという店内。
❷付け合わせを選べる「ブレックファースト・ボード」。11種類の中から選べます。添えられたエディブルフラワーがなんともおしゃれ。
❸ファリスさん一押しのメニュー「プルット・バーガー」。ビーフあるいはチキンのルンダンをもち米で挟んだバーガー。

 

 


6-1, Jalan Telawi 2, Bangsar Baru, 59100 KL
03-2202 2020 http://fancybreakfastclub.com 9am-4pm 月曜定休


 

 

提供:

www.ora2.my

facebook.com/ora2my

instagram.com/ora2_my

 

 

 

このページの先頭へ