The 病院 2018年06月:ローガンライ・スペシャリスト・センター①

 

ローガンライ・スペシャリスト・センター①


今年で創立43年を迎えるローガンライ・スペシャリスト・センターは、数々の名誉ある賞に輝いてきた総合病院です。創立以来、地元ペナンはもちろん国内はじめ、昨今では海外からも治療目的で訪れる患者の厚い信頼を集めています。また国内の総合病院のなかでは最も多い、4名もの「日本人専任チーム」が常駐しているので、私たち日本人にとっては言葉の障害を感じることなく、日本と変わりなく安心して通院、治療が受けられる体制が整備されています。
2009年には、半島北部地域で最初となる「PET︱CTスキャナー(コンピュータ断層撮影)」を導入し、最先端の放射線治療による「がん治療」をスタートしました。ローガンライ・スペシャリスト・センターは半島北部における「ワンストップ医療センター」として、予防から診断、広範囲にわたる疾病の治療まで、常に最新の医療サービスを提供する総合病院としての地位を確立しています。
 
小さな産院から
総合病院へ

同病院は、創業者の故ダト・ロー・ガン・ライ氏の名前にちなんで付けられました。1940年代の当時、産婦人科医としてペナン島で小さな産院を開業していたロー氏の夢は、「私立の総合専門病院」を設立すること。「すぐにでも専門医にかかりたいのに、患者が溢れる公立病院ではなかなか診てもらえないという現状を知り、公立病院を補完できる私立病院をつくりたい」。
そんなロー氏の夢が実現したのは75年の、ロー氏64歳のとき。ロー氏の産院で、産婦人科医として働いていた息子のケヴィン氏とともに、開業しました。92年の父親亡き後、ケヴィン氏は同病院のトップとして、また彼の息子、同じく産婦人科医のニコラス氏もエグゼクティブ・ダイレクターとして現在、病院の経営に参加しています。「産婦人科系ならローガンライ・スペシャリスト・センター」という評判は、このように3世代に渡って産婦人科医が指揮を執る総合病院だからなのかもしれません。

 


238, Macalister Road, 10400 Penang(内科と外科)
19 & 21, Logan Road, 10400 Penang (産婦人科、小児内科、緊急)
Tel: 04-238 8495
www.lohguanlye.com
24時間対応緊急電話: 04-226 6911

2018/10/01 | カテゴリー:The 病院

このページの先頭へ