The 病院 2018年10月:ローガンライ・スペシャリスト・センター③

 

ローガンライ・スペシャリスト・センター③


自転車を始めて57年。芸は身を助けると申しますが、自転車をはじめ水泳、書道、カヤック、木工を通して得られた友人によって、今のペナン在住10年がどれほど安心して、そして充実したものになったか、想像できないものであると実感しています。
定年退職後に海外に移住するとき、特に重要なことは、医療関係のスペシャリストを知っているか否かにあります。ペナンのサイクリングクラブ「Gクラブ」の会長、ダト・リム医師との出会いでローガンライ・スペシャリスト・センター(LSC)を紹介されていなかったら、今の自分はどのようになっていたでしょうか?
サイクリストにとって避けて通ることができないのは、転倒事故でしょう。プロ、セミプロでも事故は不可避です。ペナンでも大小の転倒事故を経験していますが、これまで大事故が2回ありました。その際、LSCのリム医師が最適で迅速な処置を施してくれ、こうして今だにサイクリングができる…、これほど幸せなことはないでしょう。
LSCでは、日本語通訳のスタッフが、患者が何一つ不自由を感じないほどのお世話をしてくれます。例えば、医者の予約から問診中の付き添い、薬の手配とその詳細説明、支払い業務、次回の予約確認、帰りの車の手配など、これらをすべてスムーズに行ってくれます。
2015年に重大な転倒事故で頭部手術を受けた時、医師と看護婦の定期的な病床訪問のほかに、日本語スタッフが病床を毎日訪れてくれました。このことが自分をどれだけ勇気づけてくれたかは、言葉になりません。
これらはLSCにとっては何ら特別なことではないでしょうが、同様のことが、どこでも行われるでしょうか? 日本の病院を含め、世界中どこに行っても、LSCようなサービスを期待することはできないでしょう。
ペナン滞在中は安心して病気ができる! 日本語スタッフの皆さん、ありがとう。僕のベストパートナーとして、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 


238, Macalister Road, 10400 Penang(内科と外科)
19 & 21, Logan Road, 10400 Penang (産婦人科、小児内科、緊急)
Tel: 04-238 8495
www.lohguanlye.com
24時間対応緊急電話: 04-226 6911

2018/10/01 | カテゴリー:The 病院

このページの先頭へ