2016年9月- 私流写真の楽しみ方 第5回

愛犬の写真をインスタに投稿したら世界中の犬好きから反応があった!

★IMGP6620

冨田 風薫さん  心花さん 

2013年にマレーシアで起業した父親と一緒に家族でマレーシアに移住。風薫さん(18歳)はハイスクールを卒業し、大学準備過程へ進学予定。心花さん(10歳)は現在小学5年生。両親と、3歳になるトイプードルの「小春」ちゃんの5人(?)家族。所有機種は、Canon Kiss X3、18-55mmの純正ズームレンズと、シグマの50mmレンズ。虹の写真は風薫さん、トイプードルの小春ちゃんの写真は心花さんの作品。

風薫さん:半年ほど前に一時帰国した父が突然カメラをもって帰ってきたのですが、それが一眼レフとの初めての出会いです。それまでは、写真といえば父のお下がりのiPhone5で撮るくらいで、コンパクトカメラもあまり使っていませんでした。iPhoneでも結構きれいな写真が撮れると思っていましたが、一眼レフの方がやはりずっときれいに撮れますね。特に、夜空の星とか、iPhoneではうまく撮れなかった風景が、一眼レフだとクリアに撮れました。

最初は使い方がまったく分からなかったので、いろんなモードを試しながらちょっとずつ自分で学んでいるところです。被写体は(トイプードルの)小春が多いかな。あと、小春の散歩の途中で見つけた日本にはなさそうな花はマクロモードで、雲や虹は風景モードで撮っています。カメラを持って「写真を撮ろう」と思って出かけると、今まで気付かなかった新しい発見がいろいろあるのが楽しいです。

IMG_6635

うまく撮れた写真は英語と日本語でいろんなハッシュタグをつけてインスタグラムにアップしています。小春の写真には結構反応があって、世界中の犬好きが「いいね」をしてくれたり、「かわいい」とコメントをくれたりします。小春の写真を投稿するようになって、フォロワーが500人くらいに増えました。いろんな人から反応があるとやっぱりうれしいですね。小春のかわいらしさをもっといろんな人に見てもらいたいと思います。ただ、一眼レフで撮った写真は、いったんパソコンに撮りこんでからしかインスタグラムにアップできないので、それがちょっと面倒くさいかな。もっと簡単にアップできるようになればいいなと思います。

心花さん:一眼レフで写真を撮るのは楽しいです。気になったものにレンズを向けて撮ってみると、意外におもしろい写真がとれることもあります。ベッドの上に散らばった鉛筆とか、家の窓から見えた風景とか、家族をこっそり撮ったりもします。

IMG_6154小春もよく撮りますが、小春はカメラを向けると「写真を撮られている」と分かるのか、興奮してさらに動きまわるのでスポーツモードで撮ります。でもブレてしまったり、ちゃんとこっちを向いていない写真も多くて気に入る写真はほんの少しです。

私は動物が大好きで、将来は獣医になりたいと思っているのですが、小春だけじゃなくていろんな動物の写真を撮ってみたいです。この前家族で行ったFarm in the Cityのフェレットとか、ヘビとかも撮ってみたいです。

★IMGP6592

【お気に入りアイテム】小春の顔にピントを合わせて背景をきれいにぼかしたいときは、50mmの短焦点のレンズを使っています。背景がぼけると小春がもっとかわいらしく見えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る